勝つ選手と負ける選手 part2

前回のブログで書いた「勝つ選手と負ける選手の違いはどこにあるのか。5項目ノートに書いてみよう」という取組み。
実際に私達が考えた、「勝つ選手と負ける選手の違い」の具体的な項目は下記になります。
内容が重複している場合もあります。
「勝つ選手」
①ミスが少ない(高い確率のプレーを選択している。)
②プレーで、オフェンス、ニュートラル、ディフェンスがはっきりしている。(ポジショニングが良い)
③メンタルやプレーのレベルが安定している。(Never give up)
④競った場面でも、思い切ってラケットを振ることが出来る。積極的なプレーが出来る。
⑤ポイントを取るパターンを持っている。ポイントを終わらせる事が出来る。
⑥良いバランス、良いフットワーク。
⑦頭が良い。その場面で何をすべきかを理解している。
⑧どうしてそのショットを選択したのか、理由が分かっている。
⑨ボールのペースを変える事が出来る。
⑩1ポイントずつの高い集中力。その前のポイントを忘れる事が出来る。

「負ける選手」
①ミスが多い。
②後ろでつなぐだけで、チャンスを見逃している。
③良いポイントはあっても、連続してポイントを取る事が出来ない。良いポイントの後に簡単なエラーを犯してしまう。
④意味の無いショットを打つ事が多い。(ショットの選択ミス)
⑤どの様な状況なのか(相手、自分)把握出来ない。
⑥戦術のあるテニスでは無い。行き当たりばったりのプレー。
⑦試合に向けての十分な準備が出来ていない。(Warm up , 道具や飲み物も含めて)
⑧集中力が続かない
⑨途中で試合を投げてしまう。(Give upしてしまう。)

誰もが試合に勝ちたいのは当然です。
ただし、なぜ自分が勝っているのか、なぜ自分が負けているのかをきちんと把握せずに、ただ練習をしている選手は実は多いのが事実です。
考えを書き出す事で、自分の頭の中を整理し、効率的に練習していく事が、勝利への1歩の役立つのではないかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –