ウィンドミル ココが上手くいかないという共通の悩みにお答えしました

以前下記の記事を書いた際にご紹介した、初心者がウィンドミルを打つにはという動画に、ご質問を頂きました。
共通の悩みを抱える方も多い内容でしたので、ここでも取り上げたいと思います。

どこから学ぶのが良い?金子プロテニス理論の最初の1歩【テニス ウィンドミル】

質問1)ウインドミルをまねると通常スイングよりもボールのスピードが 落ちてしまいます。手打ちの感覚で力感を得られないのですがどうすればよくなるのかわかりません。


回答)ウィンドミルは通常スイングよりも回転量が多くなる分、ボールのスピードは落ちやすいです。手打ちの感覚で力感を得られないという事ですが、通常スイングと同じ打点で、動画11:56からのようにスクエアスタンスでボールに対して体重を乗せるように練習してみて下さい。 可能性としては、フォロースルーの位置を意識しすぎて、通常スイングよりも打点が後ろで、体重も後ろに乗っているかもしれません。

質問2)セミオープンスタンスでウィンドミルをする時にボールの出力を出したいのですが、 どのような下半身の使い方をすればよいでしょうか?

回答)セミオープン時のお尻でのターンから始まり、ラケットの振り出しと右足での地面の蹴り(地面の力を使うという表現をよくしています)を上手く使って頂くとボールの出力を出しやすいです。 ぜひ試してみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=eXN5NMAk0wQ&t=688s
こちらの動画(14:28)の、右足を地面に突き刺すというイメージも良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー斉藤貴史オフィシャルブログ|プロテニスプレイヤー斉藤貴史オフィシャルブログ