月例 トレーニング講習会

競技としてテニスに取り組むには、当然 身体があってこそ・・・
その当たり前のことに、なかなか時間がかけれない現実・・・ どうしてもボールを打ちたい
打たせてほしい視線が多くあります。

でも、ちょっと先で、その成長に差が出て結果を左右するのは、すべてこの部分
多くの子供達を見てくると、ここの能力の差が将来の差・・・
身体能力のベースは、家庭環境の生活が大きく関係する 食と睡眠は絶対に手を抜けない重要な部分 ただ、ここに踏み入れるのは、なかなか難しいテーマでもある。ならば、現場コートで出来ることは全て追求しなくては・・

そんな思いから、月一ですが、専門的なトレーニングの日を設けて、いろいろな気付きの時間としてもらっております。

強化メンバーも身体の状態をしっかりと把握してもらいます。
出来て当たり前のことが出来ない現実を知るのも重要なこと・・・

身体の可動域も能力なんです。それが無くしてパワーを求めたら、当然故障の確率は上がってしまいます。

ボール練習後、再度 体幹トレーニング

こつこつと積み上げて行きましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –