杏夏、シングル準優勝、ダブルス優勝

デンマーク準決勝駒形怜哉はヨーロッパランキング8位のレオ・ボルグと対戦フルセットで勝利昨日マッチポイントから逆転勝ちした上野山大洋もストレートで勝利し明日の決勝戦に駒を進めた。

怜哉とボルグの試合は大接戦ファイナルセット4-4までもつれたが怜哉の積極的なプレーで相手にプレッシャーをかけ64で押し切り明日の決勝戦に駒を進めた。

先週チャチャック優勝昨日の準々決勝ではマッチポイントからの逆転勝利の上野山大洋も快勝明日の決勝戦だ。

一方16歳以下決勝戦の久保杏夏は粘り強いドイツの選手にストレート負けを喫し準優勝に終わった。杏夏にとってクレーコートでの戦い方を学べる貴重な試合となった。

ダブルスでは上野山、駒形ペアが14歳以下ダブルス優勝、オランダの選手と組んだ久保杏夏も16歳以下で優勝だ。

夕方は次の大会の会場へ移動予選のサインを行なった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村恭香オフィシャルブログ – 夢叶うまで挑戦 –