ワウリンカとモンフィスの解説

準決勝のワウリンカ戦も錦織は悪く無かったが第3セットのワウリンカが最高のプレーを見せた。錦織のネットに出る作戦が裏目に出た結果となり44でブレーク出来ず次のゲームブレークを許してゲームセットだ。
錦織は負けはしたがあの積極的なプレーは次に繋がる試合だ。その場を凌いで勝ちを拾うのも時には良いがテニスの質を追求する事を優先させた錦織のプレーだったとかんじた。

今夜は1時から決勝戦また解説させていただきます!

It was a very close one.
Kei did his best but Wawrinka played just too good in the last set to beat Kei in 3.
Tonight the final at 1 AM on BS Asahi!! I will be there!!

錦織の試合の後東京選抜の選手達のサポートの一日だった。久しぶりの国内のジュニア大会だったが本当に新鮮だ。多くの選手達が錦織の様になる可能性を感じずにはいられなかった。その気になればだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレイヤー井上雅オフィシャルブログ -miyabiemみやびーむ-|プロテニスプレイヤー井上雅オフィシャルブログ -miyabiemみやびーむ-