キャンプ初日、技術やフォームに捉われない

キャンプ初日はフットワークの後ポイントパターンを入念に行った。ポイントを競い合いながら技術を学習するのを同時進行で行う練習が試合で使えるショットを目につけるには最適だ。

夢中になりながらポイントを競い合ううちに課題を身につけるのが狙いだ。余り技術やフォームにとらわれてると動きが硬くなりその結果自然なショットとして使えないケースを良く見かける。

今日も1時から9時過ぎまで活動して温泉に入り消灯の長いキャンプ初日だった。

今回も日本全国北海道から沖縄までの選手達が集まってくれた。少しでもレベルアップを目指して5日間プッシュしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –