試合中ミスが多かったので、その練習をしたけどそれでもまだミスして勝てない方へ

試合で悪いところがあったので、一生懸命その悪かったところの練習をする。

大まかに例えると、フォアハンドのミスが多かったのでフォアハンドの練習をする。

この時ももちろん技術の向上を考えて練習するわけだが、いま一度立ち止まって考えてみたい。それは果たして

自分がミスしたのか?いや、相手にミスをさせられたのか?

勿論、技術が足りなく前者もあるが、ある程度のスキルが身につくと意外と後者が多い。ならばどのような時にミスをしたのかを考えなくてはならない。

相手の球種は?タイミングは?サーブからのグリップの切り替えの時だっただろうか?高いボールから低いボールだったのか? サーティーフォーティーだったからなのか?

そうもちろん技術の向上はとても大切になるが、その技術は正しい選択をしたときにでしか有効ではない。状況を判断しできるだけ正確な対処を引き出せるようにする。この部分も一緒に養わなければならない。

相手の強力なラットショットならば対処するバックハンドはブレーキングを使う。(これをどんなにステップインして打つ練習をしても返す確率は上がらない)

体重ののっていないボールをわざわざ時間をかけて待ちブレーキングを使う必要もないのでステップインで打つ。(無駄な打数を減らす。)

このように状況を設定して対応力の練習も同時に取り組むこと。それらを積み重ねることによって、試合中に瞬時に判断しそして自動的に対応出来るようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –