チュニジアフューチャーズ

アフリカチュニジアフューチャーズ予選1回戦があり、息子大樹がアルゼンチン人(世界ランカー800位)と対戦し、0-6 0-6で粉砕されました。


が、まず予選に出場することが出来て良かった。

ご存知の通り、今年からすべてのフューチャーズ予選が32ドローに改正されたことで、まずは現地で試合前日に予選のサインをして、もしも世界中から32名以上集まってしまったら、ノーランカーは、最後くじ引きで予選に入るかが決まります。

くじ引きが外れてしまったら、残念ながら、どんなに遠くの国から来たとしても、予選出場することさえ出来ないのです。

ちなみに、昨年、大樹はエジプトフューチャーズ予選サイン締め切り時間10分前に3人来たことで、1番アウトで予選出場することが出来なかった苦い経験がありました。

今回は、予選出場者が30名だった為、ギリ出場することが出来ました。

試合は、実力差があり一方的な内容でしたが、スペインから日本に帰国し、9ヶ月自分と練習して来たことが、ちょいちょい見ることが出来たので、このまま練習を重ねて経験を積んでいけば結果につながる内容だと思いました。

チュニジアに入国してから、3日間大雨でしたが、今日は、はじめての快晴で気持ちの良い一日で、昨夜合流した、斉藤貴史とも、充実した練習が出来ました。

本大会は、ホテル、テニスコート、プール、トレーニングジム、三食食べ放題バフェレストラン付きの為、外出する必要も無く、試合、練習に集中することが出来る最高の環境です。

やるべきことをやり、一日一日前進して行きたいと思います。

明日は、斉藤の本戦1回戦がありますので、ベストを尽くして頑張りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー岡村一成オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー岡村一成オフィシャルブログ