北杜プレミアキャンプ ステージ5

昨日から行っているプレミアキャンプ2日目が終了し、いよいよ明日からは、3日目トーナメントです。

大会前夜、自分の成功例、失敗例を述べさせてもらいました。

僕が小学6年生の時、第一回全国小学生大会が行われ、山本育史VS増田健太郎が決勝を戦ったのですが、既にその上の階級で結果を出していた僕は、全国小学生をスキップしてアメリカ遠征に行く程、山本・増田とはかけ離れた実力がありました。

他人より体が一回り大きくスピードボールが打てたという事も勝っていた理由の一つではありましたが、
それ以上にすべての試合に対して真剣勝負で戦っていたということが一番の理由。

次の対戦相手の性格・親との会話・話し方・歩き方など、すべての情報を自分に入れて戦い、無意識に勝負の原点を大切にているうちに、日本一の実力を身につける事が出来たのです。

が、その後も調子に乗って適当な準備で適当なやり方で勝ち続けてしまった結果、鼻にもかけていなかった山本・増田・谷澤に追い越され満足の行く結果を出す事はできませんでした。

それから、数年後、プロになり、大きな怪我をして2年間テニスと離れ、その遅れを取り戻すために必死に頑張った日々があったのですが、その時、少年時代に真剣勝負だったあの頃と同じ感覚でテニスに打ち込み、ウィンブルドンチャンピオンのB・ベッカーを破る結果を出す事ができました。

過去の体験からテニスのテクニック以上にテニスに対する姿勢が最も大事であるという事をこれから未来のあるジュニア達に伝えていきたいと思います。

明日の真剣勝負が楽しみ!!

コメント

  1. りな さん : 2013.01.07

    キャンプでいろいろな事を教えてくれてありがとうございました。
    これからキャンプで教えてもらったことを忘れないように練習したり、試合で教えてもらったせいかを出せるよいうにしたいです。
    また、キャンプに参加した時は、よろしくお願いします。

    返信

  2. 石井 さん : 2013.01.10

    コメントありがとう!
    リなのテニスに対する姿勢が良いと思いました。
    これからも頑張って下さい。
    応援しています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー土居美咲オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー土居美咲オフィシャルブログ – 美咲ブログ –