ご報告!!

こんにちは。

 

今日はみなさまにご報告があります。

僕は今年で引退する事を決意致しました。

これまでたくさんの方に支えられ、

満足のいくテニス選手人生をおくれたと思います。

この場を借りてお礼を言わせて頂きます。

本当にありがとうございました。

 

もっと早くみなさまに報告しなければいけなかったのですが、遅くなってすみません。

正直に言いますと、年末にラボのコーチ達に引退する事は伝えていました。

理由はなかなか思うように体調を整える事が出来ず、プレーしては怪我、復帰しては怪我を繰り返しこれ以上続ける気力がなくなった事が一番大きいです。

そんな中でもひょっとしたら京都チャレンジャーでいいプレーがまたできるのではないか、亜細亜フューチャーズでまた優勝できるのではないかと少しながら自分に期待していました。

いい成績が出ればもう少し続けられるのではと。なので遅くなりました。

結果は早稲田フューチャーズで1ポイント取るのが精一杯。

腰の状態は悪化してしまいました。

もっと早く引退を決意してもよかったのかとも思ってもいます。

でも、これが自分のタイミングだったのかもしれません。

 

振り返れば、たまたま家の近くにあった刈谷テニスパークで僕のテニス人生をスタートさせ、桑原コーチという最高の指導者と巡り会い、テニスを通じ多くの友が出来ました。

プロになってからは思うような結果が出ず、悩み、テニスが嫌いにもなりました。

その時に怪我です。

2年という長い期間のリハビリも経験しました。

この期間がテニスを見つめ直す時間を与えてくれました。

僕はテニスが好きなんだと再確認でき、またプロ生活をスタートする事が出来ました。

テニスラボに行ったのも僕に大きな影響を与えてくれました。

こんなにワガママを聞いてくれるテニスアカデミーはありません(笑)。

そして結婚と息子の誕生。

これも僕には大きな刺激となりました。

 

主な僕の成績です。

デ杯に出場と、全豪予選の1度のトライ。

3度の全日本のダブルスタイトル。

もっと行けたという気持ちが9割。

よくやったという気持ちが1割です。

もっとこうすればよかったという後悔もあります。

それも含め僕のテニス人生です。

 

自分が選手としての試合は少し先ですが全日本とトヨタチャレンジャーに出場したいと考えています。

それまでに腰は治したいですね。

今後は今いるテニスラボでコーチの勉強をさせてもらい、次の錦織を育てられる指導者になっていきたいと思っています。

選手とコーチは同じテニスでも全く違うものだと思っています。

1から勉強して頑張っていきたいと思います。

 

長い間、本当にありがとうございました。

近藤 大生

コメント

  1. hiro さん : 2016.04.01

    毎年、近藤大生さんの京都チャレンジャーでのプレーを楽しませて頂きました。キレのあるボレーでポイントを取る、サービスアンドボレーのスタイルが大好きでした。今後は、素晴らしい指導者としてのご活躍を期待させて頂きます。

    返信

  2. 高平 さん : 2016.04.01

    お疲れ様でしたd(^_^o)
    今後は育成に御尽力されるのですなd(^_^o)
    個人的ですが
    スポルトアカデミーのBBQには是非参加ください\(^o^)/

    返信

  3. 加藤のぶお さん : 2016.04.02

    よく頑張りました!!
    名古屋のファンにたくさん夢をみせてくれました。ダブルステクニック日本一!!
    お疲れ様でした。

    返信

  4. 山下ケイジ さん : 2016.04.03

    お疲れ様でした。

    返信

  5. 石田 さん : 2016.04.04

    近藤プロ、おつかれさまでした。
    日本一美しいフォームと巧みなボレーが憧れでした。
    全日本&トヨタ、神戸から観戦に行きます!

    返信

  6. 石田 さん : 2016.04.04

    近藤大生プロ、今までありがとうございました。
    日本一美しいフォームが憧れでした。
    全日本&トヨタ、神戸から観戦に行きます!

    返信

  7. 石田 さん : 2016.04.04

    近藤大生プロ、今までありがとうございました!
    日本一美しいフォームが憧れでした。
    全日本&トヨタ、神戸から観戦に行きます!!

    返信

  8. 石田 さん : 2016.04.05

    近藤大生プロ、今までありがとうございました!
    日本一美しいフォームから繰り出されるテニスは憧れでした。
    全日本&トヨタ、ラストファイト期待しています!!

    返信

  9. Toshiyukin さん : 2016.04.06

    近藤選手、お疲れ様です。
    妻が近藤選手のブログの引退の挨拶を見て驚いて私に教えてくれました。
    慌てて私も目を通し、数日経ちましたが、まだ信じられない気持ちで一杯です。

    「気力」。。。重い言葉です。
    ファンは容易に、時に無責任に「がんばれ」などと声をかけてしまいますがね。。。
    特に男は自分のことだけでなく、家族のことも考えなくちゃならないし、本当大変です。いろんなプレッシャーに押しつぶされそうですよね。

    怪我からくる精神等々の消耗が続く中で、特にこの春は「気力」を振り絞って、自らの残っている可能性を信じて、亜細亜、早稲田に出場されたと推察します。正直なところ一ファンの私もこの春良い成績を上げられれば、復活できるのではないかと祈っていました。

    私が近藤選手のプレーをはじめて拝見したのは大洗でした。その時の私のテニス観戦に対する新鮮さや興奮は今でも鮮明に覚えております。
    80年代の選手、マッケンロー、レンドル、コナーズ、ベッカー、エドバーグなどなどのプレーを観ることが大好きだった少年の私は、いつしかテニスを観ることに興味がなくなっていました。
    しかし、大洗で観た近藤選手の力強いシングルバックハンドや美しいスライス、そしてボレーは、あの時代の選手を彷彿とさせ、再びテニス観戦に興味を持つきっかけとなりました。その翌年から妻と亜細亜や早稲田に足を運ぶようになりました。早稲田では準決勝で接戦の末、負けてしまいましたが、(ご結婚される前)奥様とおそらく東伏見の駅に向かわれるところに、私の妻が観戦席から拍手を送ったら、手を挙げてこたえて下さったことを鮮明に覚えています。

    その年は柏でも優勝され、鈴木選手との決勝は私が観戦した試合のベストマッチとして強く心に残っております。

    あのとき大洗で近藤選手のプレーを観ていなかったら、関東から豊田まで観戦に行くこともなかったと思いますよ(笑)。

    近藤選手は怪我さえなければ、怪我さえ治れば、まだまだやれると今でも思っております。一ファンのわがままな気持ちではありますが、怪我が癒え今年の全日本で結果が出れば、とか、コーチ兼選手として今後活動される、とか正直考えてしまっています。

    将来、コーチを目指すという方向性も定まっているとのことで期待しています。たくさん苦労された分、素晴らしいコーチになられると思います。「みんらぼ」もよく拝見しています。そこから感じとれる近藤選手の周囲のリーダー的存在感からしても、良いコーチになられ、活躍も期待しております。

    これまでの近藤選手のもたらしてくれたテニスの楽しみに感謝しております。ありがとうございます。

    残っている選手活動とセカンドキャリアでのご活躍をお祈りしております。

    今後もテニスの伝道者としてこのブログを続けていってください!!

    返信

  10. 菊地ジュン さん : 2016.04.17

    はじめまして、菊地と申します。
     現役引退の知らせを知り、トーナメントでの華麗なプレーが見られなくなるのは寂しく思いますが、新たな目標に挑戦することはとても素晴らしいことだと思います。
     近藤選手のことは、2000年前後にテニス雑誌での名古屋高校の特集記事で初めて知りました。すごい選手が出てきたと大変楽しみでした。
     全日本選手権等で何度もプレーを楽しませていただきました。私はやはり近藤選手のバックハンドが好きです。2013年だったと思いますが、デ杯チームに選ばれていた時の全日本選手権では、伊藤選手らとの練習風景を見ましたが、他のプロ選手の中でも、オーラが違っていましたね。
     これからは一般向けのクリニックなども行ってもらえたら、参加させていただきたいと思います。
     今年の全日本選手権を楽しみにしています。
     長い間ご苦労さまでした。そして、更によい人生を送られることを期待しています。

    返信

  11. りおねーじゅ さん : 2016.04.28

    もう京都チャレンジャーで近藤選手のプレーを観ることはできないんですね、残念です。
    今年は仕事の都合で一日も観に行けなかったので、去年の、マッチポイントで肉離れ!が私にとって最後の近藤選手になりました。
    もっとやれた?・・・きっとそうでしょう。でも後悔が人生を味わい深くしますよ!
    私は忘れません、日本に近藤大生という美しいサービス&ボレーヤーがいたことを!
    これからの活躍をお祈りします。お疲れ様でした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

Kenny’s Coaching Mindset|Kenny’s Coaching Mindset – The Manager –