2018年シーズン

みなさん、こんにちは。 

久しぶりのブログアップになります。

 

現在は練習拠点である、バルセロナにてオフシーズンのトレーニング中です。すでに終盤に差し掛かっていますが、連日良い練習とトレーニングができています。 

バルセロナは天気もよく、気温もそこまで低くはないので、しっかりと動くことができます。色々なタイプの選手たちと練習できることが良い刺激になっています。 

 

ブログアップは不定期ですが、2018年シーズンの振り返りも合わせて、いまの自分の気持ちを書いておこうと思います。

 

今シーズンを一言で表すことは難しいですが、良いことも悪いことも、今までにないくらいに両方とも経験したシーズンだったと感じています。 

 

シーズンが始まってからは、昨シーズンの不調から抜け出せないまま、長い時間止まってしまっていたように思います。これまでずっとトライしてきたグランドスラムの予選に、トライすることができないくらいに落ち込んでしまったランキングを受け入れるまでに時間がかかりました。 

 

今年のスタートはエジプトの$15000のフューチャーズでした。フューチャーズに出たのは5、6年ぶりだったこともあり、現実を目の前にして、なかなかモチベーションが上がらなかったこともありました。大会のホスピタリティや、試合中のラインズマンも1人、そんな環境で戦うことに危機感も感じていました。自分が目指しているところから、大きく離されてしまった事実を受け入れることが、とても辛い時間でした。

 

そんな中からでも少しずつ上がってこれたのは、いまのコーチであるOscarをはじめとする、チームの支えがあったからと思います。彼らはいつも自分のことを信じ続けて、プッシュし続けてくれています。

結果が出ないことで、環境を変えることが簡単なことであったかもしれませんが、なんとか彼らの思いに応えたいという気持ちが、いい方向に向かっていけたのかなと思います。彼らと出会えて、良い信頼関係と築けたことは大きいです。

 

いまのランキングや自分の状態に決して満足している訳ではありません。このまま終わる訳にはいかないし、自分の目指すテニスができるように、これからが新たなスタートだと思っています。もっと自分の思い描くテニスを突き詰めて、その過程も楽しみながら、やっていきたいです。

調子が良く波に乗れることも、また苦しい時間が続くときもあると思います。でもきっと今年やってきたことが活きるときがあるだろうし、たとえ正解でなかったとしても、自分の信じた道をいくつもりです。

 

最後になりましたが、いつもサポートしてくださっている所属先の北日本物産 様、用具をサポートをしてくださっている、テクニファイバー(ブリヂストン)様、エレッセ様、2XU(ツータイムズユー)様、オークリー様、アディダス様に感謝したいです。どれも自分が戦う為に無くてはならないものです。

 

そして、ファンの皆様、いつも応援ありがとうございます。

 

大会会場ではもちろん、SNSでのメッセージなど、いつも力をもらっています。来シーズンも応援よろしくお願いします!  それでは、みなさま素敵なクリスマスを! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ|テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ – MASUKEN WORLD –