2012 USオープン 前日の雨のために女子決勝戦は 9月9日(日) にずれ込んだ。

第1セットはセリーナが圧倒する。
2012年のUSオープン女子決勝はセリーナの圧勝で終わるのかと思える展開だ。

ところが、第2セットになりアザレンカの攻撃が冴え始めた。

<女子決勝>
○4)S Williams (USA) 6-2 2-6 7-5 ●1)V Azarenka (BLR)

第2セット、最初のサーブをブレーク、第2ゲームをしっかりとラブでキープする。
一方的な試合だったが、おもしろくなってきそうな展開。

セリーナサーブの第3ゲーム、40-0から40-30となるが、Tへのクリーン・サービス・エースでセリーナはキープする。

2-1、アザレンカは30-30からダブルフォルト、30-40とブレーク・ポイントを握られるがジュースに。
深いボールで攻撃し、ナイス・キープ、3-1とする。

1-3、セリーナのサーブ、最初のポイント、ランニング・フォア・ダウン・ザ・ライン・パス、アザレンカがきれいに決める。
15-30からセリーナはダブルフォルト(15-40)
30-40からセカンドサーブをTへ、ジュースにするとセリーナは「カモン!」と雄叫び!

3つ目のブレーク・ポイント、セリーナはサービス・エース、6本目を決める。
4つ目のブレーク・ポイント、セリーナのセカンドサーブをバックでクロスへ、そしてネットを詰めるアザレンカ、
セリーナのショットはその気迫に押しだされる。
アザレンカがまたブレークに成功、4-1とした。

アザレンカ、30-0から30-30となるが、ナイス・サーブからのテニスでキープ、5-1とする。

アザレンカ5-2、サービィング・フォア・ザ・セット、30-0からなんとダブルフォルト!それも2本続けて、痛い!(30-30)
フォアのクロスへナイス・サービス・エース!(40-30とセットポイント)
Tへナイス・サーブ、それをセリーナはフォアで強打するがネットの白帯に、アザレンカが第2セットを取り返す。

ファイナル・セット

セリーナ、ダブルフォルトで0-30、サービス・エースで30-30、バックへのクリーン・サービス・エースで最初のゲームをキープした。

ドロップ・ショットを放つアザレンカ、セリーナの反応も早く、それを切り返した。
アザレンカの攻めたフォアはロングになり、30-40とブレーク・ポイント、アザレンカはナイス・サーブで切り抜ける。ジュース。
2度目のジュース、セリーナに2度目のブレーク・ポイント、アザレンカもバックへ良いファーストサーブから攻撃、ジュースに。
アザレンカ左右に攻撃そしてボレーを決めた。ナイス・キープだ。(1-1)

セリーナ、15-40、Tへ時速201キロのサービス・エース、30-40。
2つ目のブレーク・ポイント、セリーナのバックのクロスがワイド、アザレンカが先にブレーク。(アザレンカ2-1)

アザレンカ、40-15とゲームポイントだったが、ジュースに。
攻めるアザレンカは前につめ、スマッシュを決める。またゲームポイントを掴むが、バックをネット、2度目のジュース。

両者の凄い攻撃的なテニスが展開される。3度目のジュース。
セリーナはフォアのクロスのリターン・エースでブレーク・ポイントを
やや緩く返ってきたボールを怖がらずにドライブボレーをセリーナは決めた。ブレーク・バックだ。(2-2)

セリーナは時速198キロ、13本目のサービス・エースでキープ(セリーナ3-2)

アザレンカは15でキープ、3-3。

セリーナのサーブ、積極的なアザレンカが最初のポイントを取る、その気迫にセリーナはダブルフォルト!(0-30)
アザレンカが積極的に攻めて大事なゲームを遂にブレーク、4-3とする。

アザレンカ、30-30、アザレンカはフォアクロスのサーブでセリーナを崩したが、次のフォアをネット、30-40。
ブレーク・ポイントを握られたが、アザレンカは弱気にならず勇気を持って攻め続けキープした。
アザレンカの精神力の強さが見えたゲームだ (5-3)

セリーナ、3-5のサーブ、30-30、セリーナが攻め切りサービス・キープする。(セリーナ4-5)

5-4、アザレンカのサービング・ファオ・ザ・チャンピオンシップス
アザレンカは攻めるものの、0-40、
フォアクロスを決め15-40とするが、アザレンカのフォアはネット、5-5となる。(2時間07分)

セリーナのサーブ、30-0からアザレンカはクロス鋭角のバックパッシングを決める。がセリーナがキープ、6-5とする。

このプレッシャーのかかる中、両者素晴らしい攻撃テニス、30-30からアザレンカは勇気を持ちネットに出てボレーを決めた。
40-30となるが、セリーナが逆をつき、ジュースに。

ボディーへのサーブでアザレンカは2度目のゲームポイントを掴むが、2度目のジュースに。
アザレンカのファオのショットは僅かにロング、セリーナにチャンピオンシップ・ポイント

ファーストサーブはフォルト、セカンドサーブ、セリーナはバックのクロスコートを思い切り打つ、アザレンカはそれをバックで返すがロング!
セリーナはコートにあおむけに倒れ顔をおおう

セリーナ・ウイリアムズが4年ぶり4回目のUSオープン優勝を飾った。

190万ドル(約2億円)の賞金をセリーナ・ウイリアムズは獲得。
ウィンブルドン、ロンドンオリンピックそしてUSオープンとビッグ大会を制した。

Serena Williams (USA) データー 1981年9月26日生れ、30歳。
全豪5回、全仏1回、ウィンブルドン5回、USオープン4回優勝、オリンピック1回、ツアー45勝
セリーナ・ウイリアムズ オフィシャルサイト

V Azarenka (BLR) データー 1989年7月31日生れ、23歳 ツアー優勝12回
V Azarenka オフィシャルサイト

大会データー:
2012 USオープン
Billie Jean King National ナショナル テニスセンター、NY、アメリカ
128ドロー、ハード
予選 8/21 – 8/24, 2012
本戦 8/27 – 9/09, 2012

大会日程
オーダー・オブ・プレー
現地時刻(時差-13時間)
ライブ・スコア
ドロー

<女子準決勝>
○1)V Azarenka (BLR) 36 62 64 ●3)M Sharapova(RUS)
○4)S Williams (USA) 61 62 ●10)S Errani (ITA)

<準々決勝>
○1)V Azarenka (BLR) 61 46 76(5) ●7)S Stosur (AUS)
○3)M Sharapova(RUS) 36 63 64 ●11)M Bartoli(FRA)
○4)S Williams (USA) 61 63 ●12)A Ivanovic (SRB)
○10)S Errani (ITA) 62 64 ●20)R Vinci (ITA)

<2回戦>
●森田あゆみ 5-7 2-6 ○PIRONKOVA, Tsvetana (BUL)

<1回戦>
○森田あゆみ 6-3 6-3 ●26)NICULESCU, Monica (ROU)
●クルム伊達公子 4-6 2-6 ○ARVIDSSON, Sofia (SWE)
女子本戦ドロー
女子予選ドロー

<女子ダブルス決勝>
○2)Errani/Vinci (ITA) 64 62 ●3)Hlavackova/Hradecka (CZE)
ダブルスドロー

雨で男子決勝は 9月11日 月曜日になった。

<男子決勝>
2)N Djokovic (SRB) vs 3)A Murray (GBR)
男子本戦ドロー

USオープンで活躍したアザレンカ、シャラポワ、ラドワンスカ、クビトバ、クルム伊達公子、森田あゆみなど参戦
美しく華麗な戦い 東レPPO

予選 2012年9月21日(金)、22日(土・祝)
本戦 2012年9月23日(日)~9月29日(土)
有明コロシアム及び有明テニスの森公園コート
チケット情報

クルム伊達公子2012年東レPPOへの抱負
その他、東レPPO HP にはシャラポワ、アザレンカ、クビトバなどのメッセージ・ビデオ満載