今週は慶應チャレンジャーが行われている。
全日本で優勝した杉田祐一、準優勝の伊藤竜馬、昨年の全日本チャンピオン守屋宏紀など多くの日本人プレイヤー達が世界ツアー出場のためのATPポイントを稼ぐためにプレーしている。
日本期待の若手、内山靖崇(20歳)、ダニエル太郎(19歳)、内田海智(18歳)、西岡良仁(17歳)なども出場している。

伊藤竜馬が1回戦に勝つと2回戦でスペイン育ちの19歳、ダニエル太郎と対戦する。
守屋宏紀は1回戦で17歳の西岡良仁と対戦だ。
本戦ドロー

慶応チャレンジャーの意義 YouTube

内山靖崇、1992年、8月5日生れ、20歳
ダニエル太郎、1993年1月27日生れ、19歳
内田海智、1994年8月23日生れ、18歳、
西岡良仁、1995年9月27日生れ、17歳

大会データー:
慶応チャレンジャー
会 場:慶應義塾大学日吉キャンパス蝮谷テニス
開催日:11月12日(月)~11月18日(日)

本戦ドロー
予選ドロー
オーダー・オブ・プレー
ライブ・スコア

慶応チャレンジャーfecebook
慶応チャレンジャーツイッター

日本人プレイヤーATPランキング
ATPトップ100ランキング
ATP100位から200位ランキング
ATPランキング ブレークダウン

(テニスジャパン塚越亘 写真 鯉沼宣之 伊藤功巳 TennisJapan )

[adrotate banner=”20″]