7月26日 中国、南昌で行われているWTAツアー$250,000 江西オープン

ダブルス準々決勝が行われ、清水綾乃(Club MASA)/小堀桃子(橋本総業)組が第2シードの中国ペアを6-1, 1-6, [14-12]で破りベスト4になった。
小堀と清水は共に1998年生まれ、ITF女子サーキットでは同ペアで5月の軽井沢国際女子テニスなど通算5勝を挙げている.
これが初のWTAツアー参戦。
1回戦でも中国/インドペアをファイナル・セット、10ポイント先取のマッチ・タイブレークを10-8で取り勝利した。

シングルスでは穂積絵莉(橋本総業)が1回戦でカコ(アメリカ)を3-6, 6-1, 6-2の逆転で破り、初戦突破を果たしたが、2回戦で第3シードのリネッタ(ポーランド)に3-6, 5-7のストレートで惜敗、準々決勝進出を逃した。
奈良くるみ(安藤証券)、波形純理(伊予銀行)、加藤未唯(ザイマックス)、桑田寛子(島津製作所)、清水綾乃、ラッキールーザーで本戦入りした小堀桃子など本戦に出場したが、1回戦で敗れた。

5月 軽井沢国際で優勝した清水綾乃/小堀桃子
江西オープン
$250,000 WTAインターナショナル
7/23~7/29, 2018
ダブルスドロー
シングルスドロー
シングルス予選ドロー

錦織圭(日清食品)、大坂なおみ(日清食品)は7月30日から始まるATP,WTA男女共催大会のCITI OPENに出場予定だ。

記事:塚越亘/塚越景子 写真:軽井沢国際女子テニス/北沢 勇