8月24日 アメリカで行われているATP250 男子テニスツアーウィンストン・セーラム・オープン

USオープンの前哨戦でダニエル太郎(エイブル)が4強と活躍した。
5月のイスタンブール・オープン以来、2度目のツアー優勝を狙らうダニエル、準決勝では、D・メドべデフ(ロシア)に1-6, 1-6のストレートで敗れてしまったが、最後まで諦めずに闘っていた。

ダニエル、27日から始まるUSオープンでは1回戦でオーストラリアのA・デ ミナー(43位)と戦う。US OPENドローPDF

準決勝の様子

メドべデフは今年1月のATP250シドニー国際でツアー初優勝を飾っている。ロシア期待の22歳。ATP1000シンシナティの2回戦では西岡良仁を4-6, 7-6(1), 6-2で破っている。

第1セット

メドべデフのサーブ、パスを抜かれるなど、40-30。
18回のラリー、ダニエルのボールは惜しくもロング、キープされ0-5。

第6ゲーム、15-40と2本のセットポイントを握られが、デュースに持ち込む。
デュース後にドロップ・ショットを決め1ゲーム、キープする。
大きな拍手が。

第7ゲーム、メドベデフのサービング・フォ・ザ・セット、ラブでキープされて第1セットを1-6で落とした。

第2セット
第1ゲーム、30-40とブレーク・ポイントを握られたが、キープ。

第3ゲーム、40-15からブレーク・ポイントを握られる。
デュース後にダウン、1-2。

30-30 サービス・エース級2本決められキープを許す、1-3。

1-3、ダニエルのサーブ、15-40から粘るが30-40で痛いダブルフォルト、1-4。

1-5、0-40とマッチポイントを握られるがデュースに持ち込む。
2度目のデュースで4度目のマッチポイントを決められてしまい、残念ながら決勝進出はならなかった。

ダニエル太郎クエリーに逆転勝ち!

USオープン前哨戦4強と活躍

8月22日、2回戦で第9シードのサム・クエリー(アメリカ)と対戦した。
クエリーは今年2月にキャリアハイとなる世界ランク11位になっている。

第1セットは3-6で落とすが、第2セットを7-5で取り返す。ファイナル・セットでは4度のブレーク・ポイントを全てしのぎタイブレークに持ち込み逆転勝ちした。

そして同じ日に行われた3回戦でD・コプファー(ドイツ)に7-6(4)、7-6(3)と、1日で2試合に勝利し8強になった。

準々決勝でも第14シードのN・ジャリ(チリ)に4-6, 6-2, 6-1の逆転勝ちだった。
ジャリは3回戦でマクラクラン勉のダブルス・パートナーの世界52位のJ・シュトルフ(ドイツ)をストレートで破って勝ち上がってきたが。

Winston-Salem Open
$778,070 ATP250
Winston-Salem, NC, U.S.A.
August 19 – 25 2018
優勝:$92,905(1100万円)
準優勝:$52,895(600万円)
ベスト4:$30,530(340万円)

ダニエル太郎、杉田祐一 参戦
シングルスドローnet版
シングルスドローPDF称

マクラクラン勉/シュトルフ組1回戦負け
ダブルスドロー

記事塚越亘、塚越景子 photo Winston-Salem Open