11月4日(日) 三菱 全日本テニス選手権 93rd

男子シングルス決勝では、第1シード、30歳の伊藤竜馬(北日本物産)が第2シード、20歳の徳田廉大(フリー)を6-3、6-0で破り、5年ぶり2度目の優勝を果たした。

3日行われた女子シングルス決勝では、第1シードで20歳の清水綾乃(Club MASA)が第15シードの沢柳璃子(リンクス・エステート)を6-0、7-6(6)で下し初優勝した。

<<男子決勝>>
◎1]伊藤竜馬 63 60 ●2]徳田廉大

最高ATPランキング60位(2012年10月)の伊藤が第1セット途中から9ゲーム連取で20歳、297位の徳田廉大を破り優勝した。

<<男子準決勝>>
◎1]伊藤竜馬 64 63 ●8]関口周一
◎2]徳田廉大 76(3) 64 ●7]上杉海斗

<<準々決勝>>
◎1]伊藤竜馬 61 63 ●6]田沼諒太
◎8]関口周一 60 60 ●4]清水悠太
◎7]上杉海斗 57 62 62 ●16]羽澤慎治
◎2]徳田廉大 64 63 ●12]仁木拓人
男子シングルス・ドロー

準優勝澤柳璃子 優勝清水綾乃

<<女子決勝>>
◎1]清水綾乃 60 76(6) ●15]澤柳璃子

第1シードの清水、6-1、5-0とリード、勝利目前になってから「勝たなくては」とのプレッシャーが襲う。一方の澤柳は0-6は避けたかったので1ポイント1ポイント戦う。2-5では清水のサーブで40-0とマッチポイントがあったがそこも逃れ、タイブレークまで持ち込んだ。
24歳の澤柳は、2014年大会に続く2度目の決勝だったが。

<<準決勝>>
◎1]清水綾乃 60 62 ●8]村松千裕
◎15]澤柳璃子 64 60 ●W]松田美咲

<<準々決勝>>
◎1]清水綾乃 61 76(3) ●9]本玉真唯
◎8]村松千裕 57 76(5) 62 ●4]井上雅
◎W]松田美咲 75 63 ●7]秋田史帆
◎15]澤柳璃子 75 75 ●6]内島萌夏
女子シングルス・ドロー

男子決勝女子決勝 NHKBS1で放送

女子決勝:11/6(火) 9:00 男子決勝:11/7(水) 9:00
NHKBS1で放送
見逃した試合はJTAテニス!オンライン

準優勝清水悠太/羽澤慎治 優勝仁木拓人/今井慎太郎

「第1シードとしてのプレッシャーがあったが、優勝でき嬉しい」

<<男子ダブルス決勝>>
◎1]仁木拓人/今井慎太郎 62 76(5) ●清水悠太/羽澤慎治

<<ブルス準決勝>>
◎1]仁木拓人/今井慎太郎 57 64 63 ●7]6望月勇希/福田創楽
◎4]清水悠太/羽澤慎治 63 64 ●2]上杉海斗/片山翔
男子ダブルスドロー

女子ダブルス決勝

◎内島萌夏/林恵里奈 63 61 ●寺見かりん/首藤みなみ

「優勝を狙い、それが実現できたのでうれしい」
<<ダブルス準決勝>>
◎内島萌夏/林恵里奈 64 61 ●守屋友里加/長谷川茉美
◎寺見かりん/首藤みなみ 16 63 64 ●3]澤柳璃子/藤原里華
女子ダブルスドロー

<<混合ダブルス決勝>>
◎1]清水悠太/清水綾乃 62 26 [14-12] ●島袋将/澤柳璃子

清水綾乃は女子シングルス、混合ダブルスと見事2冠。

<<準決勝>>
◎1]清水悠太/清水綾乃 61 63 ●逸﨑凱人/西本恵
◎島袋将/澤柳璃子 46 63 [10-8] ●2]伊藤竜馬/小堀桃子
混合ドロー

記事:塚越亘/塚越景子 協力:内田暁 写真:鯉沼宣之/TennisJapan