5月29日 2019 全仏オープン Day4

錦織圭(日清食品)が、地元フランスのJ-W・ツォンガを4-6、6-4、6-4、6-4で破り、5年連続6度目となる32強となった。
3回戦は第31シード、セルビアのL・ジェレ(23歳)と31日(金)に対戦する。

「タフな試合だった。
5セットに縺れてもおかしくなかったが、第4セットで0-3から追いつけたのが大きかった。
ソリッドな自分のテニスを貫いけた。
(3回戦は初対戦のジェレ)はいいテニスプレーヤー、クレーでもいいプレーをするので頑張りたい」と錦織。

世界1位の大坂なおみ(日清食品)と元世界1位のV・アザレンカ(ベラルーシ)との新旧1位が対戦する2回戦は、日本時間30日午後6時開始のスザンヌ・ランラン・コート、第1試合に入った。(WOWOW、TV東京生放送)対戦成績は1勝1敗

錦織圭 地元ツォンガを破る

<<2回戦>>
◎7]錦織圭 4-6 6-4 6-4 6-4 ●ツォンガ(フランス)

08年全豪準優勝のツォンガ(フランス)は元5位、現在82位。18年4月に、左ひざを手術し、約7カ月、戦列から離脱した。世界ランクは262位以下まで転落していた。そこから復活82位になっている。
ツォンガとの対戦成績は錦織の5勝3敗。2015年のフレンチオープン準々決勝で対戦した時。錦織は、ツォンガにフルセットの末に敗れ、4強入りを逃している。
その時の対戦成績は錦織から4勝1敗と部が良く、錦織優位と思われていたのだが。

第1セット、先にブレークするがブレーク・バックされ第1セットを落とす。

第2セットは最初のサーブをブレーク、6-4で取り返した。

第3セットは「あのフォアとサーブはトップ。気をつけたい」と警戒していたツォンガのフォアなどが炸裂。
第2ゲーム、錦織40-15からフォアに回り込みリターンなどを決められ0-2とダウン。
ツォンガに対する応援が元気になる。

ツォンガは30-40のサーブの時に “第1サーブを打つ前の時間を相手がかけすぎ” とタイムバイオレーションを取られた。
錦織はここで「チャンスは今」とリターン・エースでブレーク・バック、1-2とする。
このプレーで第3セットを奪う。

第4セットもo-3となるが落ち着いたプレーで挽回勝利した。

錦織圭 インタビュー

「第4セット、ツォンガのタイムバイオレーションでファーストがセカンドになった。
申し訳ないけどこのチャンスを絶対に活かそうとした。リスクを取って思い切りいった。
ポジティブにやって結果になった。」

「作戦はどう見てもバックの方が弱点だが、そこに頼らないようにした。
リターンで重いボールを打って、プラス左右に振っていこうとした。
第1セット、4-3でバックへ集めすぎて伸びがなくなっていた。
守りに入ったわけではないが、打ちきれなかったのが原因。
第2セット以降は改善した。
バックへ集めすぎないで伸びるボールを打つことを意識した。」

二人の地元フランスのプレーヤーを連破 錦織圭

「このフレンチオープンでフランスのプレーヤーと対戦するのはやりやすくはない。
お客さんがヒートアップするので、集中するのは簡単ではない。
以前ひどい経験があるのでそれに比べたらあまり気にしなくなった。
しょうがないと思ってやっている。」

「まあまあの調子です。その日の調子でその日を戦わないといけない。
いい試合ができた。今週は練習もいい。今日は大きな反省はない。
あまり気になるところはない。充実した。自信を持って比較的打てている。」

「ツォンガの1回戦はもっとアグレッシブだった気がした。
今日は若干1テンポ待ってくれている感じがした。
フォアは強烈です。
攻め方はトップレベルなので浅くなると油断できない。
フレンチでは彼のレベルを引き上げる。」

「今日は3セット目の方が怖かった。
第4セットの最初のゲームが取れなかったが、そこは一番の反省点。
集中していれば6-1か6-2で取れたかもしれない。」

「自信はあって、焦りはなかった。
リターンゲームはチャンスがあったのでどこかでくるだろうと思っていた。
大事なポイントをしっかり取れて守れてうまくプレーできた。」

「フランスはいい選手が多い。
経済力もあって遠征や育成にも力が入っているのは羨ましい。」

3回戦は第31シード、セルビアのL・ジェレ(23歳)と対戦。
「次の相手はやったことがない。
デルポトロと組んだ時に彼が試合をやっているのを見た。
相手のイメージは残っている。
しぶとくてサービスも良くてストロークもしっかりしている。
良い選手なので頑張りたい。」

フレンチ・オープン賞金総額 53億円。優勝賞金3億円
大会オフィシャルHP:ローランギャロス2019
賞金総額:€42,661,000(53億円)
本戦:男女128ドロー
赤土クレー
会場:Rolandgarros
本戦:5/26-6/09,2019
パリ現地時刻(時差-7時間)
オーダー・オブ・プレー及び結果

シングルス
優勝賞金:€2,300,000 (3億円)
準優勝:€1,180,000(1億5000万円)
ベスト4:€590,000(7300万円)
ベスト8:€415,000(5100万円)
4回戦:€243,000(3000万円)
3回戦:€143,000(1800万円)
2回戦:€87,000(1100万円)
1回戦:€46,000(570万円)

男子シングルスドロー
男子ドローnet版
女子シングルスドロー
ドロー

予選
予選男子128ドロー
予選女子96ドロー

錦織圭 ツォンガ破り32強

記事:塚越亘/塚越景子/Y.Morishita/T.Terashima photo:H.Sato/Tennis Japan