7月27日 東京オリンピック テニス競技

優勝候補とみられていた大坂なおみ(日清食品)が3回戦で世界42位のボンドロウソバ(チェコ)に1-6、4-6のストレートで負けた。

男子シングルス2回戦で、錦織圭(日清食品)がマルコス・ギロン(アメリカ)を7-6(5)、3-6、6-1で破りベスト16に進出した。
マクラクラン勉と組んだダブルスでは2回戦で第7シードのJ・マリー/スクプスキ(英国)組を6-3、6-4で破り8強になった。

大坂なおみ まさかの敗退

<<女子シングルス3回戦>>
●2]大坂なおみ 1-6 4-6 ◎ボンドロウソバ

台風の影響で小雨が降っている有明。
そのためにセンターコートは屋根が閉められインドア状態で行われる。
今までの暑さと違い、ボールも弾まないのだろう。
大坂は強打で攻めるが、ボールも思うようスピンがかからない。
アウトしたり、ネットに跳ねてしまったり。
最初のサーブを落とすと、あっと言う間に0-4になってしまう。

ボンドロウソバは42位、22歳。
2019年、19歳の時の全仏オープンではバーティーに敗れたが準優勝している。
派手なプレーはないが、シャープなボールで良く返す。
そして時々絶妙なタイミングでドロップ・ショットを決めてきた。

大坂1-5、15-40とセットポイントを握られる。
5回続いたラリー戦、大坂のバックのストレートは白帯にバチンと当たりネットを越えなかった。
1-6、わずか24分で第1セットを落とす。

第2セット

最初のゲームをブレークする大坂。

これで大坂のペースになるか❓と思われたが、
2-1、大坂、デュースで粘られ、3度目のデュース、ダブルフォルトで2-2と落とす。

3-3、ボンドロウソバの連続ダブルフォルトで15-40とブレークのチャンスがきた!
しかし、ボンドロウソバはここでバックのドロップ・ショットを連続で決めてきた。
デュース後のゲームポイント、ボンドロウソバの深いボール、大坂はアウトかとみるが、入っている。
15-40のチャンスがあったがブレークできない。

大坂、4-5のサーブ、15-40とマッチポイントを握られる。

こんな場面でも怖がらず思い切り振り切っている大坂。チャンピオンらしい姿勢だ。
デュースに持ち込むこと3回。
大坂は逆をついたがロングになってしまい3度目のマッチポイント、

ラリー戦は9回、大坂のボールはワイド。
優勝候補の大坂なおみが負けてしまった。

大坂なおみvsボンドロウソバ ハイライト動画

大坂なおみ ストレート負けでベスト8進出ならず|gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト
民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」。東京2020オリンピックの民放各局で放送する競技の全てのライブ配信予定!放送と同様に全て日本語の実況と解説付きで視聴することができます。日本人選手を中心としたメダルハイライトやデイリーハイライトも配信予定です。

大坂なおみ敗れる ITF記事

錦織圭強い!16強

<<2回戦>>
錦織圭 7-6(5) 3-6 6-1 M・ギロン

2回戦はアメリカのM・ギロンと初対戦。

1回戦では素晴らしいテニスで世界7位のルブレフを6-3、6-4のストレートで破った錦織だが、2回戦では初対戦のM・ギロンのテニスに大苦戦する。
ギロンは65位、28歳。2014年全米学生チャンピオンになり、UCLAを辞めプロに転向。
なんでもこなす、粘っこいテニスをしてくる。

第1セット、先にブレークするが、ブレーク・バックされタイブレークに。

タイブレークでは3-0、4-1とリードするが5-5に追いつかれる。

ストロークエースを決め6-5とセットポイント。
混戦になるがフォアのクロス・パスを決めて7-5で取る。

第2セット

錦織は最初のサーブを落とす。

錦織3-5のサーブ、デュースでセットポイントを握られる。
錦織はフォアをロング、3-6で落とす。

1回戦に比べショットの精度が悪い。
苦しい試合。精神力が試されている。

ファイナル・セット

セカンドサーブをバックのリターン・エースで決めるなど、錦織が先にブレークする。

錦織4-1のサーブ、40-15から粘られデュースに。
なんとここから10分はかかる長いゲーム。
デュースは6回、サーブ&ボレーを決め5-1とした。
さすが錦織圭。ここで負けるわけにはいかないと言う思いが伝わる。

デュース後、トップスピンのロブで2度目のマッチポイントを掴み、2時間超えの試合を精神力と粘りで勝ち切った。
 

錦織圭 ダブルス8強 ハイライト動画

マクラクラン・錦織ペア 息のあったプレーで8強進出 テニス男子ダブルス2回戦 錦織圭・マクラクラン…
民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」。東京2020オリンピックの民放各局で放送する競技の全てのライブ配信予定!放送と同様に全て日本語の実況と解説付きで視聴することができます。日本人選手を中心としたメダルハイライトやデイリーハイライトも配信予定です。

1回戦 錦織圭vsルブレフ ハイライト動画
「けがをしてから、これだけのレベルでプレーができたのは久しぶり。
うれしい」。1回戦 錦織圭試合後インタビュー

東京オリンピック2020
開催日: 2021年7月24日(土)~8月1日(日)
会場: 有明コロシアムおよび有明テニスの森公園

Twitter
Facebook
YouTube

オーダー・オブ・プレー

<<男子シングルス3回戦>>
錦織圭 vs イワシュカ(ベラルーシ)

<<2回戦>>
錦織圭 76(5) 36 61 ●M・ギロン(アメリカ)

<<男子ダブルス2回戦>>
◎錦織圭/マクラクラン勉 63 64 ●7]マレー/スクプスキー(イギリス)

<<女子シングルス3回戦>>
ボンドロウソバ 61 64 ●2]大坂なおみ

<<2回戦>>
◎2]大坂なおみ 63 62 ●ゴルビッチ(スイス)
ベンチッチ(スイス) 62 64 ●土居美咲

全ドロー

日本は男子シングルスに錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎、杉田祐一の4選手、
女子シングルスに大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲の3選手、
男子ダブルスには錦織圭/マクラクラン勉、西岡良仁/ダニエル太郎の2組、
女子ダブルスには青山修子/柴原瑛菜と日比野菜緒/二宮真琴の2組、
混合ダブルスは柴原瑛菜/マクラクラン勉が出場した。

大坂なおみ東京オリンピック 紹介ビデオ

記事:塚越亘/塚越景子 Photo:by ITF/Kopatsch/Sato/Sidorjak