7月28日 東京オリンピック テニス競技

男子シングルス3回戦で錦織圭(日清食品)がベラルーシのイバシュカに大苦戦するがストレートで下して準々決勝に勝ち上がった。
これでオリンピックではロンドン、リオ、東京と3大会連続での8強入りとなった。

準々決勝では世界1のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。
その試合は15時開始のセンターコートの第二試合で行われる。
日本時間では17時半ごろだろうか?テレビ中継はNHK BS1 の予定。ネットで観たいひとは==>ここ「gorin.jp」をクリック

錦織圭「紙一重の戦い」
セットポイント掴まれたが逆転

<<男子シングルス3回戦>>
錦織圭 7-6(7) 6-0 ●イバシュカ(ベラルーシ)

昨日行われた2回戦ではギロン(アメリカ)の粘りに2時間を超える大接戦を闘った錦織。

今日は気温30度を超える暑さの中で試合は行われた。
大坂なおみ(日清食品)を破ったボンドロウソバ(チェコ)と対戦したバドサ(スペイン)は、第1セット3-6と落としたところで、熱中症のために途中棄権となっている。

そんな厳しい暑さの中、イバシュカは攻撃、第1セットの第3ゲームをブレークする。
直後に錦織はブレーク・バックしたが、4-4からのサーブを落とし、4-5。
またブレーク・バックし5-5とするが、また落とし、5-6と言う苦戦。

またまたブレーク・バックし、タイブレークに持ち込むが、
攻められ、0-1、0-2、1-3、2-5とリードを許す展開。

イバシュカにサービス・エースを決められ、4-6とセットポイントを先に握られた。

そこから挽回し、9-7で第1セットを取る。
なんと試合時間は1時間22分。

第2セットは6-0だが、これもスコア以上に大変な試合。

第3ゲームはデュース4回、10分以上かかる。
第5ゲームもデュース3回、7分以上。

紙一重の戦いだったが、しっかりと錦織が強さを発揮して8強になった。

錦織圭 準々決勝進出「紙一重の試合でした。」|gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト
民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」。東京2020オリンピックの民放各局で放送する競技の全てのライブ配信予定!放送と同様に全て日本語の実況と解説付きで視聴することができます。日本人選手を中心としたメダルハイライトやデイリーハイライトも配信予定です。

錦織圭vsイバシュカハイライト動画

錦織圭/マクラクラン勉組 惜敗

<<ダブルス準々決勝>>
◎1]メクティッチ/パビッチ(クロアチア) 63 63 ●錦織圭/マクラクラン勉

対戦相手のクロアチアペアは2週間前のウィンブルドンダブルスに優勝している。

第1セットは第9ゲームで、第2セットは第8ゲームで共に15-40とブレーク・バックのチャンスがあったが、生かせなかった。

柴原瑛菜/マクラクラン勉ミックスダブルス8強

柴原瑛菜(橋本総業)/マクラクラン勉(イカイ)組は準々決勝で第4シードのルブレフ/パブリュチェンコワ(ロシア)組と対戦する。

ミックスダブルスには男子ではシングルス世界ランキング、1位ジョコビッチ、4位チチパス、7位ルブレフ、女子では1位バーティー、8位シフィオンテク、18位パブリュチェンコワ、19位サカリなど豪華なメンバーが参戦している。

東京オリンピック2020
開催日: 2021年7月24日(土)~8月1日(日)
会場: 有明コロシアムおよび有明テニスの森公園

Twitter
Facebook
YouTube

オーダー・オブ・プレー

<<男子シングルス準々決勝>>
錦織圭 vs 1]ジョコビッチ(セルビア)

<<男子シングルス3回戦>>
錦織圭 76(7) 60 ●イワシュカ(ベラルーシ)

<<2回戦>>
錦織圭 76(5) 36 61 ●M・ギロン(アメリカ)

<<男子ダブルス準々決勝>>
◎1]メクティッチ/パビッチ(クロアチア) 63 63 ●錦織圭/マクラクラン勉

<<男子ダブルス2回戦>>
◎錦織圭/マクラクラン勉 63 64 ●7]マレー/スクプスキー(イギリス)

<<女子シングルス3回戦>>
ボンドロウソバ(チェコ) 61 64 ●2]大坂なおみ

<<2回戦>>
◎2]大坂なおみ 63 62 ●ゴルビッチ(スイス)
ベンチッチ(スイス) 62 64 ●土居美咲

全ドロー

日本は男子シングルスに錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎、杉田祐一の4選手、
女子シングルスに大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲の3選手、
男子ダブルスには錦織圭/マクラクラン勉、西岡良仁/ダニエル太郎の2組、
女子ダブルスには青山修子/柴原瑛菜と日比野菜緒/二宮真琴の2組、
混合ダブルスは柴原瑛菜/マクラクラン勉が出場。

大坂なおみ東京オリンピック 紹介ビデオ

紙一重の戦いに勝利、勝負強い錦織圭

記事:塚越亘/塚越景子 Photo:by ITF/Kopatsch/Sato/Sidorjak