7月29日 東京オリンピック テニス競技

準々決勝で錦織圭(日清食品)が年間ゴールデンスラムを目指す世界一のノバク・ジョコビッチ(セルビア)の完璧プレーに2-6、0-6で敗れた。

「何もできずに終わったので悔しい。
今日の負けはこたえたけど、いい1週間であった。
負けはしたけど、いい試合がいくつかできたので収穫は大きい」と前向きに話す錦織圭

錦織、すぐに、アメリカ、ワシントンDCに向かい、「シティ・オープン」に出場、1回戦でアメリカのS・クエリーと対戦する。(シングルスドロー) 西岡良仁(ミキハウス)も出場、内山靖崇(積水化学工業)は予選から出場している。

錦織圭 良いテニスをしたが、
ジョコビッチがその上をいくプレー

<<男子シングルス準々決勝>>
錦織圭 2-6 0-6 ◎1]ノバク・ジョコビッチ

二人の対戦成績は錦織の2勝16敗

ジョコビッチのサーブで始まる。

相手は世界最高のプレーヤー、良いプレーをしている錦織が0-30とリードする。
集中している錦織、良い顔もしている。

ジョコビッチも簡単には取らせない。デュースになる。
2度目のデュース、錦織は勝負に行き、リターンからネットに詰めるがアウト、
ラリー戦はジョコビッチが取り、1-0とキープした。

良いプレーをしている錦織だったが、サーブで15-40とピンチ。
僅かにワイドになり、錦織はサーブを落とす。0-2。

最初のサーブでは固さを感じたがキープするとジョコビッチは集中力が上がった。凄い、3-0だ。

錦織、1ゲームをキープし、1-3。

1-4、錦織、40-15からデュースに持ち込まれ、ブレーク・ポイントを握られたが3度のデュースの末に2-4とキープ。

錦織、バックのダウン・ザ・ラインを決め30-30とするが、ジョコビッチが良いラリー戦を制し、5-2とキープ。

2-5、錦織のサーブ、ダブルフォルトで15-15。
ネットに付く錦織をジョコビッチはカウンターでクロスに、そのボールは錦織のラケットを跳ねる強烈なショットに、15-30となる。

15-40、ドロップ・ショットの逆をつき、錦織のボレーをはじく。
ジョコビッチが第1セットを6-2で取る。
錦織のプレーが悪い訳ではないが。

第2セット

ジョコビッチがダブルフォルトを二つした。
錦織は攻め、30-40とブレーク・チャンス。

そのピンチをジョコビッチは錦織を左右に振り切ってデュースに持ち込む。
吠えるジョコビッチは思わずガッツポーズ!!!!!!

大事なゲームをデュース後にジョコビッチはナイスキープした。

他方錦織のボールは30-40のブレーク・ポイントでネットに跳ねてロングになり、0-2。

隙のないジョコビッチは3-0とリード。

凄いラリー戦が繰りひろげられるが錦織、0-4。

ジョコビッチは40-0からダブルフォルトするが、5-0とキープ。

錦織、15-40とマッチポイントを握られる。
フォアのクロスを決めデュースに持ち込むが、セカンドサーブをクロスに決められ、0-6で敗れた。

敗れてしまったが、良く復活してきた錦織圭。
お疲れ様、良いテニスを魅せてくれて感謝。

錦織vsジョコビッチ ハイライト動画

錦織は準々決勝でジョコビッチに敗れる テニス男子シングルス 錦織圭|gorin.jp 民放オリン…
民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」。東京2020オリンピックの民放各局で放送する競技の全てのライブ配信予定!放送と同様に全て日本語の実況と解説付きで視聴することができます。日本人選手を中心としたメダルハイライトやデイリーハイライトも配信予定です。

柴原瑛菜/マクラクラン勉 スーパータイブレークの末
準々決勝で惜敗

柴原瑛菜(橋本総業)/マクラクラン勉(イカイ)組は準々決勝で第4シードのルブレフ/パブリュチェンコワ(ロシア)組に5-7、7-6(0)、[8-10]で惜しくも競り負けた。

決勝は準々決勝で柴原/マクラクラン組を破った第4シードのルブレフ/パブリュチェンコワ組対準決勝でジョコビッチ組を破ったヴェスニナ/カラツェフ組のロシア対決となった。

ジョコビッチはシングルス、ミックスダブルス共に準決勝で敗れ、銅メダルマッチに回る。

ミックスダブルスには男子ではシングルス世界ランキング、1位ジョコビッチ、4位チチパス、7位ルブレフ、女子では1位バーティー、8位シフィオンテク、18位パブリュチェンコワ、19位サカリなど豪華なメンバーが参戦した。

日本代表プレー写真

東京オリンピック2020
開催日: 2021年7月24日(土)~8月1日(日)
会場: 有明コロシアムおよび有明テニスの森公園

Twitter
Facebook
YouTube

オーダー・オブ・プレー

<<男子シングルス決勝>>
4]ズベレフ(ドイツ) vs 12]K・ハチャノフ(ロシア)

ジョコビッチは準決勝でズベレフに1-6 6-3 6-1で敗れた。

<<準々決勝>>
◎1]ジョコビッチ(セルビア) 62 60 ●錦織圭

<<男子ダブルス決勝>>
◎1]メクティッチ/パビッチ(クロアチア) 64 36 [10-6] ●チリッチ/ドディグ(クロアチア)

<<準々決勝>>
◎1]メクティッチ/パビッチ(クロアチア) 63 63 ●錦織圭/マクラクラン勉

<<女子シングルス決勝>>
ボンドロウソバ(チェコ) vs 9]ベンチッチ(スイス)

<<3回戦>>
ボンドロウソバ(チェコ) 61 64 ●2]大坂なおみ

全ドロー
試合はネットで視聴可能、観たい人は==>ここ「gorin.jp」をクリック

11人の日本人プレーヤーが2020東京オリンピックに出場した

日本は男子シングルスに錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎、杉田祐一の4選手、
女子シングルスに大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲の3選手、
男子ダブルスには錦織圭/マクラクラン勉、西岡良仁/ダニエル太郎の2組、
女子ダブルスには青山修子/柴原瑛菜と日比野菜緒/二宮真琴の2組、
混合ダブルスは柴原瑛菜/マクラクラン勉が出場した。
大坂なおみ東京オリンピック 紹介ビデオ

記事:塚越亘/塚越景子 Photo:by ITF/Kopatsch/Sato/Sidorjak