『第36回テニス日本リーグ』の決勝トーナメントが、2月18日(金)より東京体育館にて開催され、初日は男女準々決勝が行われる。

決勝トーナメント対戦表

男子ブルーブロック1位の三菱電機は、ノアインドアステージと対戦する。1stステージで対戦した際、三菱電機は、2試合ファイナルセットのマッチタイブレークに持ち込まれており、油断できない相手である。ノアインドアは、市川泰誠、渡邉聖太といった勢いある若手の活躍が期待される。

前回優勝チームの橋本総業HDは、伊予銀行と対戦する。全員プロの橋本総業が、社員も含めた伊予銀行とどう戦うか。伊予銀行は予選リーグ7勝1敗と好調に勝ち進んでいるだけに、油断はできないところだ。

橋本総業の中川直樹

レッドブロック2位のイカイは同4位のレック興発と対戦し、全勝のマイシン(旧あきやま病院)は、エキスパートパワーシズオカと対戦する。

トーナメントは負けたら終わりの精神戦、どこが抜け出してくるか、どのチームにもチャンスがある。

初優勝を狙うマイシン。河内一真と川上倫平
女子は6チームによるトーナメント戦のため、島津製作所ノアインドアステージは準決勝から。
準々決勝は九州電力橋本総業HDリコー明治安田生命の対戦だ。橋本総業の選手層の厚さに、10年ぶりに日本リーグへ復帰した九州電力どこまでくらいつけるか注目したい。
橋本総業の秋田史帆

リコー、明治安田生命は、ジュニアや学生時代に活躍した選手を多く集めるチーム同士の対戦となる。お互い譲れない打ち合いとなるだろう。

なお、決勝トーナメントは無観客での試合となる。各コートの試合は、下記より観戦可能だ。

2月18日のライブ配信はこちら!

構成/Tennis.jp  写真/伊藤功巳