5月6日 マドリード・オープン
ツアー初優勝を果たした3月のBNPパリバ・オープンと同じく、4大大会に次ぐ格付けのプレミア・マンダトリーの大会。

大坂なおみ(日清食品)の女子1回戦が行われ、大坂は中国の張帥(ジャン・シュウアイ)に1-6、5-7 で敗れた。

大坂は、第1セットは第2ゲームから6ゲーム連続落とす。
第2セットは先にブレークしたが、逆転を許しストレートで敗退。

対戦相手の張帥(ジャン・シュウアイ)は、伊達公子の元ダブルスパートナー。秋、有明で行われていた「$100,000安藤証券オープン東京」では、2015年から3年連続で優勝している。シングルス28位の29歳だ。

男子では錦織圭(日清食品)が元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に残念ながら5-7、4-6と競り負けた。
明日、8日は杉田祐一(三菱電機)対P・コールシュライバー(ドイツ)の1回戦が14時(日本時間同日20時)ごろ行われる。

記事:塚越亘/塚越景子 写真:H. Sato/Tennis Japan