kei_nishikori_20100827.jpg★グランド・スラム
■US Open – new york, USA (Hard)
8月30日から米国はニューヨークで始まる今季最後の4大大会、USオープン(賞金総額10,508,000ドル、ハード)。予選4日目となる27日は男子シングルス予選2回戦が行われ、日本勢から錦織圭(20歳)と伊藤竜馬(22歳)、杉田祐一(21歳)の3名が登場。予選第24シードで登場の錦織は、世界ランク196位のKUDRYAVTSEV, Alexandre(24歳、ロシア)を 6-3 7-6(1) で下し予選決勝進出を決めた。伊藤も、世界ランク950位のBUCHANAN, Chase(19歳、米国)を 6-1 6-2 のストレートで一蹴し、昨年に続き予選決勝進出を決めた。
また、初戦で添田豪(25歳)との日本人対決を制した杉田も、世界ランク180位のWITTEN, Jesse(27歳、米国)と対戦し、6-7(4) 6-3 6-3 とファイナルセットに及ぶ熱戦を制し見事予選決勝に駒を進めた。


この日、錦織は第1セットを僅か24分で先取すると、お互い3度のブレークを奪い合いタイブレークにもつれた第2セットを 7-6(1) で取りストレート勝利を決めた。これで怪我から復帰後、初のUSオープン本戦の舞台まであと一歩に迫った。
昨年は、予選決勝に進みながらも あと一歩及ばずに本戦に進むことができなかった伊藤は、この日は圧巻の試合時間51分で相手を退け、念願のUSオープン本戦の舞台まであと一歩に迫った。
一方、初戦で4大大会予選での初勝利を手にした杉田は、第1セットをタイブレーク 6-7(4) で落とし苦しい展開になるが、そこから 6-3 6-3 で奪い返し逆転勝利を決めた。杉田は嬉しい初の4大大会予選決勝進出となった。
予選決勝では、錦織、杉田はノーシードで勝ち上がってきた選手と対戦、伊藤は第22シードの相手と対戦、とチャンスのある組み合わせに日本勢躍進の期待が高まる。
5日目となる28日は男子シングルス予選決勝が行われる予定。遂に本戦の切符を懸けた最後の戦いが繰り広げられる。
※写真提供:Hiroshi Sato 予選決勝へ駒を進めた錦織圭、クリックで拡大
◆28日試合予定(OP)
錦織圭[24] vs フランク・ダンチェビッチ(25歳、カナダ、418位)
 >11番コート第1試合
伊藤竜馬 vs ロバート・ケンドリック(30歳、米国、147位)[22]
 >11番コート第2試合
杉田祐一 vs ROSOL,Lukas(25歳、チェコ、173位)
 >4番コート第2試合
※第1試合の開始は、現地午後3時(日本時間29日午前4時)
USオープンの予選は8人のブロックでトーナメント戦を行い、3回勝ち上がると本戦の出場権を得る。予選には128選手が参加、16個の本戦枠を争う。
ライブスコア⇒こちら(大会公式サイト)

グランドスラム:10,508,000ドル US Open

男子シングルス予選
予選決勝

杉田祐一(日本) vs ROSOL,Lukas(チェコ)
錦織圭(日本)[24] vs フランク・ダンチェビッチ(カナダ)
伊藤竜馬(日本) vs ロバート・ケンドリック(米国)[22]

予選2回戦

杉田祐一(日本) 6-7(4) 6-3 6-3 ●WITTEN, Jesse(米国)
錦織圭(日本)[24] 6-3 7-6(1) ●KUDRYAVTSEV, Alexandre(ロシア)
伊藤竜馬(日本) 6-1 6-2 ●BUCHANAN, Chase(米国)(WC)

予選1回戦

杉田祐一(日本) 6-4 2-6 6-2 ●添田豪(日本)[2]
錦織圭(日本)[24] 6-3 5-7 6-2 ●ポール・カプデビル(27歳、チリ)
伊藤竜馬(日本) 6-4 6-2 ●COLLARINI,Andrea(米国)(WC)
※カッコ[]内数字はシード順位、Q:予選通過者、WC:主催者推薦出場、LL:予選敗者からの繰上出場