★グランド・スラム
■US Open – new york, USA (Hard)
8月30日から米国はニューヨークで開催されている今季最後の4大大会、USオープン(賞金総額10,508,000ドル、ハード)が大会初日を迎え、日本勢から森田あゆみ(20歳)が登場、第6シードで今年の全仏オープン優勝者のフランチェスカ・スキアボーネ(30歳、イタリア)と対戦し、1-6 0-6 で敗れた。


この日、森田は最初の自分のサービスゲームでブレークを許すと、スキアボーネの力強いストロークに防戦一方で僅か29分で第1セットを落とす。第2セットに入ってもスキアボーネの攻撃の手は緩まず、森田はコートを左右に振られ、時折隙を突くネットプレーに翻弄されてしまう。そのまま第2セットを 0-6 で落としゲームセット。奪われたウィナーは28本、試合時間は僅か57分と、今年の全仏女王に圧倒的な力の差を見せつけられた形となってしまった。
初戦で敗れた森田は、クルム伊達公子(39歳)と組んでダブルスに出場する。初戦の相手は2008年のUSオープン女子シングルス準優勝のエレナ・ヤンコビッチ(25歳、セルビア)、セルビアの新鋭BOJANA, Jovanovski(18歳、セルビア)組と対戦する。シングルスの無念を晴らすべく、ダブルスでは活躍を期待したい。
これで女子シングルスに残る日本勢はクルム伊達だけとなった。クルム伊達は大会2日目の31日に登場、初戦の相手は2009年の全仏オープン優勝のスべトラーナ・クズネツォワ(25歳、ロシア)。
ライブスコア⇒こちら(大会公式サイト)