★女子テニス・インターナショナル大会
■$220,000 AEGON Classic – Edgbaston, England (Grass)
6日、AEGONクラシック(英国/バーミンガム、芝)が初日を迎え、日本から5選手が出場する。


クレーコートの4大大会、全仏オープンは、李娜 (リー・ナ)(29歳、中国)の4大大会ではアジア勢で初となる歴史的な優勝で幕を閉じた。休む間もなく、たった4週間と短い、芝のシーズンが始まる。
初戦となるAEGONクラシックには、日本勢から、全仏で2回戦に進出し自己最高ランクとなる42位に順位を上げた森田あゆみ(21歳)が第9シードで、クレーコートシーズンは成績が振るわなかったが、芝シーズンでの巻き返しを狙う同62位のクルム伊達公子(40歳)が第12シードで、若手期待の土居美咲(20歳)が出場する。
そして予選勝ち上がり組として、初の世界ツアー本戦出場を果した青山修子(23歳)、そして藤原里華(29歳)の合計5選手が出場する。
注目のクルム伊達の初戦は、世界ランク100位のサビーネ・リシキ(21歳、ドイツ)との対戦となった。リシキは全仏では予選を勝ち上がり、本戦では2回戦に進出、第3シードのベラ・ズボナレワ(26歳、ロシア)に敗れたが第1セットを奪う健闘を見せた。両者は2009年に一度対戦があり、その時はリシキがフルセットで勝利している。
大会初日の月曜日には、クルム伊達がセンターコートの第4試合に、青山は3番コートの第2試合、藤原が3番コートの第4試合に登場する。(第1試合の開始は日本時間午後7時)
なお、今大会の第1シードは、世界ランク17位のカイア・カネピ(25歳、エストニア)、第2シードは同19位のアナ・イバノビッチ(セルビア)となっている。上位シード勢は2回戦から登場する。
◆関連サイト
ライブスコア(大会公式サイト)

WTAインターナショナル:AEGONクラシック

シングルス
1回戦

青山修子(Q) vs ココ・バンダウェイ(米国)
クルム伊達公子[12] vs サビーネ・リシキ(ドイツ)
土居美咲 vs GALLOVITS-HALL, Edina(ルーマニア)
森田あゆみ[9] vs TOMLJANOVIC, Ajla(クロアチア)(Q)
藤原里華(Q) vs PERRIN, Conny(スイス)(Q)

ダブルス
1回戦

青山修子/藤原里華 vs JANS, Klaudia(ポーランド)/ROSOLSKA, Alicja(ポーランド)
※カッコ[ ]内数字はシード順位、Q:予選通過者