★男子テニス・ATP250大会
■462,675ユーロ AEGON International, Eastbourne, Great Britain(Grass)
18日、AEGON国際オープン(英国/イーストボーン、芝)のシングルス準決勝が行われ、世界ランク59位の錦織圭(21歳)は、第3シードで同30位のヤンコ・ティプサレビッチ(26歳、セルビア)と対戦したが、2-6 4-6のストレートで敗れ決勝進出はならなかった。


途中でボールが止まる程の強風の中、試合は行われた。第1セット、第3ゲームで先にブレークを許した錦織は、2-4で迎えた第7ゲームでも再びブレークを許すと、そのまま2-6でセットを失った。挽回したい第2セットだったが、強風のため思うようにストロークで攻めきることができない。立ち上がりの第1ゲームで先にブレークを許してしまうと、その後はサービスキープを続けたものの、最後までティプサレビッチのサービスをブレークすることができずに、4-6で試合終了となった。お互いに同じ条件ではあるが、風の無い状況での試合を見たかった。
錦織はこれで、今シーズンだけで、ティプサレビッチに4連敗となった。
雨天のため試合日程が大きく遅延しており、この日は、続けて決勝戦も行われた。勝ち上がったティプサレビッチだったが、決勝戦ではノーシードから勝ち上がってきた世界ランク51位のアンドレアス・セッピ(27歳、イタリア)と、ファイナルセットの戦いとなったが、6-7(5) 6-3 3-5となったところで棄権、ツアー初優勝はならなかった。セッピは嬉しいツアー初優勝となった。

ATP250:AEGON国際オープン

シングルス
決勝

アンドレアス・セッピ(イタリア) 7-6(5) 3-6 5-3 Ret’d ●ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)[3]

準決勝

○ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)[3] 6-2 6-4 ●錦織圭
アンドレアス・セッピ(イタリア) 6-4 2-6 6-4 ●イゴール・クニツィン(ロシア)

準々決勝

錦織圭 6-2 6-3 ●ラデク・ステパネク(チェコ)

2回戦

錦織圭 6-4 4-6 6-2 ●ライナー・シュットラー(ドイツ)(Q)

1回戦

錦織圭 7-5 6-1 ●KIRILLOV, Evgeny(ロシア)(Q)
※カッコ[ ]内数字はシード順位、Q:予選通過者