Team Yonezawa ヨーロッパキャンプ Day 13

6月7日 ヨーロッパキャンプ Day 13
チェコ初日の今日は十分に睡眠を取ってからスタートした。夜中降っていた雨も朝には止んで1日最高の天気だった。秘境にある村のテニスコートは素晴らしく充実したクラブだった。流石テニスが文化のチェコのテニス環境だ。
午前中は高知の為飛び過ぎるボールにも午後には慣れて来ていた。試合中心の練習で明日への準備はまずまずな感じだ。夕方サインアップを済ませホテルに戻りトレーニングを入念に行って1日を終えた。
森の中の町なので空気が美味しく快適なところだ。選手達は体調も良く食欲旺盛だ。

一方セルビアの12歳以下チームは朝から全員元気に1日を過ごした。ランニングでも550メートル走を繰り返し行った。テニスは後ろでのラリーを多く行った。昨日は疲れが出ていた選手もいたが今日は全員元気に練習で各自必死に追いこんでいた。

We had started the day late so that kids got enough sleep. It was raining at night but it had cleared up by the time we woke up. The village was situated in the middle of nowhere but the tennis club was really nice one. I saw the culture of the tennis of Czech Republic here.
Since it was on the high altitude the ball bounces higher than usual so that it took some time to adjust to the control the depth of the balls. We practiced twice today and played a lot of sets. After we signed up for the tournament we did the fitness as usual.
The village was in the woods so that the air was nice and clean and kids looked very happy today.
I just hope that they all have great matches!!

The U12 team in Serbia had a good day. Yesterday we had a player not feeling well but today we practiced all day really hard. Everybody ran 500 meters sprints 12 times or more!! We did a lot of basics from the back courts. On clay we must make endless rallies!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ|テニスコーチ増田健太郎オフィシャルブログ – MASUKEN WORLD –