Team Yonezawa ヨーロッパキャンプ Day 21

6月15日 ヨーロッパキャンプ Day 21  32度
選手達は毎日早朝から夜11時ごろまで活動している。それぞれ各自の課題に取り組み確実な進歩が見られるのが彼らの才能を感じる。キャンプ中は出来るだけフットワークの時間をとるようにしているが日を追うごとに動きが良くなっている。
試合の方は本戦シングルス2回戦、ダブルス2回戦そしてコンソレが行われた。本戦では門矢和真と大野一真がクレーコートの特性を上手く使いながらのプレーで準々決勝へ駒を進めた。ダブルスでは本田龍人と大野一真が準決勝へ駒を進めた。これまでの練習の成果を存分に出している試合ぶりだった。この大会ではコンソレ、ダブルス、そして練習試合などそれぞれ沢山の試合をこなしている。選手達にとっては全ての試合で全力を出している。本気の試合をどれだけ経験出来るかが選手になる鍵だ。1試合でも真剣勝負を積んでほしい。
明日もまた試合は9時からスタートだ。
According to Bosko they had a good practice in the morning and matches in the afternoon. Then they are doing fitness. Everybody is healthy and working hard. It is boiling hot but they are pushing themselves and working hard.
2010.06.15.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー井上明里オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー井上明里オフィシャルブログ – 明鏡止水 –