内藤祐希、永田杏里ペアが準優勝/ITFタイG1

タイG1女子ダブルス決勝は内藤祐希、永田杏里ペアにとって良い経験となる試合となった。

6-4、4-0そして5-0のポイントまでリードした日本ペアだったがそこを落とすと消極的なプレーになり相手の開き直ったプレーを止めることが出来ず逆転を許しファイナルタイブレーク6-10で惜しくも敗れ準優勝に終わった。

ITFのダブルスはノーアド、ファイナルセットは10ポイントのタイブレークだけに積極的にプレーするのが大切だ。祐希、杏里にとっては良い経験となる敗戦となった。

試合のない選手達は練習や外国の選手達と練習試合そしてトレーニングで1日コート充実した時間を過ごした。大会会場での練習が何より効果的だ!

明日は朝4時半ホテルを出るのでいつもより少し早めにコートを後にした。明日はクアラルンプール経由でマレーシアのクチンへ移動だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロテニスプレーヤー井上明里オフィシャルブログ|プロテニスプレーヤー井上明里オフィシャルブログ – 明鏡止水 –