8日、インドのプネで行われている、WTAチャレンジャー・シリーズ2戦目のインド大会、ダブルス準々決勝でクルム伊達公子(42歳)/奈良くるみ(20歳)ペアは、今大会ダブルス第1シードのEva BIRNEROVA (28歳、チェコ)/Andreja KLEPAC (26歳、スロベニア) ペアと対戦し、6-7(6)、4-6で敗退し、準決勝進出はならなかった。

試合は両ペアとも譲らぬ接戦を繰り広げ、第1セットはタイブレークにもつれ込んだが、6-8でクルム伊達/奈良ペアは落としてしまう。続く第2セットも第1セット同様に接戦になるが、サービスゲームで有効的な攻めができずに、1ブレークダウンの僅差でこのセットも落とし、クルム伊達/奈良ペアは準々決勝で敗退した。

ロイヤル・インド・オープン

ダブルス
準々決勝

○Eva Birnerova(チェコ)/Andreja Klepac(スロベニア)[1] 7-6(6) 6-4 ●クルム伊達公子奈良くるみ

1回戦

クルム伊達公子奈良くるみ 6-2 6-1 ●Anushka Bhargava(インド)/Sofia Shapatava(グルジア)

シングルス
2回戦

クルム伊達公子[5] 6-4 4-6 6-2 ●Yi-Miao Zhou(中国)
土居美咲[2] 6-0 6-1 ●Noppawan Lertheewakarn(タイ)

1回戦

クルム伊達公子[5] 6-0 6-3 ●Rishika Sunkara(インド)
土居美咲[2] 6-0 6-2 ●Prema Bhambri(インド)
○Olga Savchuk(ウクライナ) 6-2 6-2 ●奈良くるみ
[ ]内の数字はシード順位

[adrotate banner=”12″]
[adrotate banner=”20″]