8月14日 アメリカ、シンシナティで開催されているウェスタン&サザン・オープン。男子はATPマスターズ1000、女子はWTAプレミア 5、トッププレーヤー全員が出場義務のある男女共催大会。

女子シングルス1回戦が行われ、第17シードの大坂なおみ(日清食品)が世界31位のマリア・サカリ(ギリシャ)に3-6、6-7(8)で敗れた。
二人の対戦はこれが2度目、最初の対戦は大坂が優勝した今年3月のBNPパリバ・オープン4回戦。そのときは大坂が6-1、5-7、6-1で勝っていた。

サカリは、先々週サンノセで行われたWTAツアー・プレミア大会、シリコン・バレー・クラシックで準優勝している上がり調子の23歳だ。
「今日は(先週よりも)良いテニスができた。が、相手が素晴らしいプレーをした。(前回対戦した時より)ミスもしてくれなかった。」と大坂。第2セットでは4-5で2本のマッチポイントをしのぎ、タイブレークまで持ち込み、3度のセットポイントを掴み、良いテニスをしていたのだが。

女子ダブルス1回戦では青山修子(近藤乳業)/マロザワ(ベラルーシ)組がガブリロワ(豪州)/コンタベイト(エストニア)組を6-4、6-0で下し、2回戦に進んだ。

錦織圭対世界3位のS・ワウリンカ(スイス)の試合は15日の19時からのナイトセッション、日本時間では16日の朝8時から始まる予定だ。

NHKBS1ガオラ放送予定。

大坂なおみ 試合詳細

第1セット

大坂のキープで始まる。

第2ゲーム、デュースに持ち込むが、ブレークできず。

第5ゲーム、サカリにブレークされ2-3。

第7ゲームもデュースの末にブレーク・ポイントを握られたが、3本のブレーク・ポイントをしのぎ、キープ。

第9ゲーム、大坂サーブ3-5、サカリに再びブレークされ、第1セットを3-6で落とす。

第2セット

第2ゲーム、大坂は30-40のピンチをしのぐ、1-1。

3-3、大坂、この試合で初めて2回のブレーク・チャンスを握ったが、サカリにキープされる。

4-5、大坂のサーブ、15-40とマッチポイントを握られる。
が、デュースの末にキープ。

タイブレーク

5-5、ラリー戦、サカリのショットはロング、6-5で大坂なおみがセットポイント。

サカリ サービス・エースで6-6。
大坂のフォアのクロスはエースになり、7-6と、2度目のセットポイント。

大坂、フォアをネットし、7-7。
攻めた大坂8-7と3度目のセットポイント。

大坂のフォアがロングになってしまい、8-8。
12回目のショットはネット、8-9でマッチポイントを握られる。

攻めた大坂だがバックのストレートはワイド、タイブレークを8-10で落とし敗れてしまった。

ツアー準優勝で自信をつけている23歳のサカリ

大坂vsサカリ タイブレークYou Tube

大会正式名:ウェスタン&サザン・オープン
会場:Lindner Family Tennis Center
現地時刻:シンシナティ時刻(時差-13時間)
期間:08/12 – 08/19/2018
負けてしまったが良いテニスをした大坂なおみ
男子ATP56ドロー
$6,335,970(賞金総額7億円) ATP1000 シンシナティ
優勝賞金:$1,088,450(約1.2億円)

フェデラー、A・ズベレフ、デルポトロなど出場。ナダルは体調不良で不参加
トップ8シードは1回戦はbye(免除)、2回戦から。
ドローPDF
ドローnet
予選ドロー

(記事塚越亘/塚越景子 photo佐藤ひろし/TennisJapan)