大坂なおみ(日清食品)の2019年開幕戦が元旦の19時(日本時間18時)からセンターコートで行われた。
錦織圭(日清食品)の開幕戦は2日(水)の13時(日本時間お昼)ごろだ。

大坂は、第2にシードされており、2回戦からの登場。地元オーストラリアの18歳、予選を勝ち上がってきたアイアバ(247位)と対戦。
「勝ちたいと思っていたから、ナーバスになった」と言うが、6-3,6-2、1時間8分で2019年開幕戦を快勝した。

アイアバは予選ではマッチポイントをセーブして勝ち上がり、1回戦ではムラデノヴィック(フランス)を6-3, 7-6 (2)のストレートで破っている勢いのある選手だったが。

第2シードの錦織も2回戦から登場。初戦である2回戦でアメリカのD・クドラ(63位)と対戦する。クドラは1回戦でT・フリッツ(アメリカ)を7-6(5),6-7(2),6-4で破っている。
1月2日オーダー・オブ・プレー

予選突破の内山靖崇
1回戦も勝利!

予選突破!本戦でも勝利した内山靖崇

厳しい予選を勝ち上がり本戦入りした185位の内山靖崇(北日本物産)。本戦1回戦でもU・ウンベル(フランス)を6-4, 7-6 (8-6)のストレートで破り、見事初戦突破を果たした。
2回戦では、第3シードのK・エドモンド(14位、イギリス)と2日11時から対戦する。

マクラクラン勉組
穂積絵莉(日本住宅ローン)組8強!

ダブルスではマクラクラン勉/シュトルフ組と女子では穂積絵莉/ROSOLSKA(Paul)組が8強になっている。

大坂なおみ 魅力的な笑顔

1月14日(月)からは2019年度最初のグランドスラム大会である全豪オープンが始まる。

記事:塚越亘/塚越景子 写真 H.Sato/TennisJapan