1月23日 全豪オープ 大会10日目

錦織圭(日清食品)対N・ジョコビッチ(セルビア) の準々決勝が行われたが、錦織はフルセットの連戦の疲れから体がついていけず、1-6、1-4のところで棄権した。

第1セットから体がうまく反応しない。右太ももを気にしている。第1セットを1-6で失い、トレーナーからマッサージを受ける。
サポーターを付け最初のサーブをキープしたが、1-4で残念ながらリタイヤした。

錦織圭
インタビュー

インジャリータイムで治療を受ける錦織圭

「3,4ゲーム後、サービスを打った時に右ふとももに強い痛みを感じた。
ジャンプしたり蹴ることができなかった。曲げて打てなかった。
痛みに変わってしまったのでそこから動けなくなってしまった。」

「今までの疲れがあって、足とか、いろんなところに来ていた。」

「試合前は痛みがなかった。頑張ればどうにかなると思っていた。
簡単なラリーでは終わらないし、サービスは思うように打てなかった」

「5時間やった試合の回復がなかなか難しかった。
今回は長い試合が多かった。体の強さはまだまだ必要。気力と体力が必要と思った」

「相手がどうのこうのより、自分自身の問題で動けなかった。
相手が誰でも難しかった」

「ジョコビッチと当たる時はタイミングが満身創痍。
一番きつい時彼との対戦が来るので、そんな状況も味方しない」

「ただ、フィジカルも強くなってきているし、このままやっていけば強くなっていけると思う」

「シーズン初めとしてはいいスタートだと思う。
これからはグランドスラムで活躍は重要になってくる。
ベスト8以上を超えないと悔いがすごく残る。やりきれない思いがある。
ひたすら頑張っていく。気持ちを入れ替えてやりたいと思う」

2019全豪オープン

<<男子準決勝>>
1)N.Djokovic(SRB) vs 28]L.Pouille(FRA)
2]R.Nadal(ESP) vs 14]S.Tsitsipas(GRE)

<<準々決勝>>
◎1)N.Djokovic(SRB) 61 4-1ret. ●8]錦織圭
◎28]L.Pouille(FRA) 76(4) 63 67(2) 64 ●16]M.Raonic(CAN)
◎14]S.Tsitsipas(GRE) 75 46 64 76(2) ●22]Bautista Agut(ESP)
◎2]R.Nadal(ESP) 63 64 62 ●F.Tiafore(USA)

<<全4回戦>>
◎1)N.Djokovic(SRB) 64 67(5) 62 63 ●15)D.Medvedev(RUS)
◎8]錦織圭 67(8) 46 76(4) 64 76(10-8) ●23)Carreno Busta(ESP)
◎16]M.Raonic(CAN) 61 61 76(5) ●4)A.Zverev(GER)
◎28]L.Pouille(FRA) 67(4) 64 75 76(2) ●11]B.Coric(CRO)

◎22]Bautista Agut(ESP) 67(6) 63 62 46 64 ●6]M.Cilic(CRO)
◎14]S.Tsitsipas(GRE) 67(11) 76(3) 75 76(5) ●3]R.Federer(SUI)
◎F.Tiafore(USA) 75 76(6) 67(1) 75 ●20]G.Dimitrov(BUL)
◎2]R.Nadal(ESP) 60 61 76(4) ●T.Berdych(CZE)
男子本戦ドロー
男子予選ドロー

残念なことにリタイヤ

詳しい試合内容は 森下泰 Facebook

記事:塚越亘/塚越景子/森下泰/小林粛 写真 W.Tsukagoshi/TennisJapan/CanonEos7D