1月26日 全豪オープン 大会13日目

大坂なおみ(日清食品)が世界の頂点に立った。
決勝で世界6位のペトラ・クビトバ(チェコ)を7-6(2)、5-7、6-4で破り、全豪オープンのチャンピオンになると同時にNo.1になる快挙を達成した。
世界一位は男女シングルスを通じてアジア勢初。銀の優勝トロフィーを中国の李梛から受け取った。
李は2014年に全豪オープン、2011年にフレンチオープンに優勝。アジア最高位の世界2位にまで上り詰めたアジアのレジェンドだ。

銀の優勝トロフィーを手にした大坂なおみ、
「スピーチは苦手、ちゃんとできるかな?
(準優勝のクビトバに向い)二人の初対戦がこんな結果になり、(勝って)申し訳ない。
でも、凄く良い試合だった。ありがとう。
チームのみんな、みんなが私を支えてくれた。ありがとう。
そして観客のみなさん、ありがとう」と優勝スピーチ、大歓声と拍手に。

全豪オープン決勝 メモ

大坂とクビトバは初対戦
〇 優勝した者が世界ランキングで1位となる決戦。
〇 今年の全豪オープンが始まった時は11人のNo.1になれる可能性があったプレーヤーがいた。
〇 WTAランキングができて以来、26人目のNo.1プレーヤー。
〇 S・ハレプ(ルーマニア)は64週間No.1だった。
〇 大坂が世界1位になり、男女を通じてアジア選手としては最高位の選手となった。
〇 これまでは、女子の李梛(中国)の2位が最高だった。(男子では錦織圭の4位)
〇 大坂次戦は、2月11日開幕のカタールオープン(ドバイ)
18日からのドバイ選手権
3月に入り昨年優勝のBNPパリバオープン(米インディアンウエルズ)
続いてマイアミオープンと出場予定だ。

大坂なおみの時給は
207万円!

全豪オープン優勝賞金は410万豪ドル(約3億5000万円)
昨年までの生涯賞金獲得額7,682,862米ドル。ブリスベン国際4強とこの全豪オープン賞金を加算すると、10,000,000米ドルを越す。
大坂の試合数は321。日本円換算すると、10億円を越える賞金なので、1試合平均約310万円の稼いでいることなる。
試合時間が約1時間半だとすると時給約207万円。(日刊スポーツ吉松記者試算)

大坂なおみ決勝
フォトストーリー

第1セット
大坂のサーブで始まる。いきなりダブルフォルト。緊張しているのか?

第5ゲーム、30-40、2度ブレーク・ポイントを握られたが3度のデュースの末にキープ。

続く大坂の第7ゲームではなんと、0-40。

3-3、0-40からナイスキープした大坂

第12ゲーム、クビトバのサーブで大坂にセットポイントがあったが。タイブレークに。

サービス・エースも一つ決めるなど6-2で取る。

第2セット

先にサーブを落とし、0-2。
すぐにブレーク・バック。

すると第5ゲームでチャンスが。ラブでブレークする。

大坂5-3とリード、クビトバのサーブながら、

0-40とチャンピオンシップ・ポイント

そこをクビトバは5連続ポイント!キープする。

チャンスの後にはピンチあり、ダブルフォルトもあり15で落とし、5-5に追いつかれる。

怒る大坂

第12ゲーム、大坂がキープし、タイブレークかと思われたが、なんとラブでサーブを落とす。
セットポイントはダブルフォルトだった。

素晴らしいバトルに大盛り上がりの観客。

マッチポイントを握りながら第2セットを落とした大坂だったが、気持ちを切り替える

ファイナル・セット

勢いに乗ったクビトバはラブで最初のサーブをキープする。

大坂のサーブ、最初のポイントを落とす。

3連続のマッチポイントがありながら逆転されセットを落とした大坂。嫌な展開だ。
今までの大坂だったら、そこからバタバタバタと崩れていた。
「マッチポイントを取れなかった時は、ちゃんと現実と向き合い、受け入れなくては」と思ったと言う。

ファイナルに持ち込んだクビトバだったが、彼女にもプレッシャーはあったのだろう。
第3ゲーム、40-30からデュースに持ち込まれ、ダブルフォルト。このゲームを落とす。

5-4、大坂のサービング・フォ・ザ・チャンピオンシップは40-0。
1ポイントは許すが「とにかく自分の力を全力で出そうと考えた」とプレッシャーを力に変えて決めた。

優勝そしてNo.1だ!!!!

素晴らしい決勝戦 お互いに相手を称える

試合の様子は:松岡修造の 修造コラムを!

二人のデーター

大坂なおみWTAデーター 1997年10月16日生れ、21歳
大坂なおみITFデーター

ペトラ・クビトバ(チェコ)WTAデーター 1990年3月8日生れ28歳
ペトラ・クビトバITFデーター
クビトバは2011年のウィンブルドン決勝でシャラポワを破りグランドスラム大会初優勝。2014年のウィンブルドンも優勝している。2016年にはリオ五輪の銅メダリスト。
2016年12月20日、刃物を持った強盗に自宅で襲われ左手に重傷を負う。レフティーなので、選手生命の危機とも言われたが、手術リハビリをへて2017年5月の全仏オープンから復帰している。ツアー優勝26回。

2019全豪オープン

<<女子決勝>>
◎4]大坂なおみ 76(2) 57 64 ●8]P.Kvitova(CZE)

<<準決勝>>
◎4]大坂なおみ 62 46 64 ●7]Ka.Pliskova(CZE)
◎8]P.Kvitova(CZE) 76(2) 60 ●D.Collins(USA)

<<準々決勝>>
◎7]Ka.Pliskova(CZE) 64 46 75 ●16]S.Williams(USA)
◎4]大坂なおみ 64 61 ●6]E.Svitolina(UKR)
◎8]P.Kvitova(CZE) 61 64 ●15]A.Barty(AUS)
◎D.Collins(USA) 26 75 61 ●A.Pavlyuchenkova(RUS)

<<全4回戦>>
◎16]S.Williams(USA) 61 46 64 ●1]S.Halep(ROU)
◎7]Ka.Pliskova(CZE) 63 61 ●18]G.Muguruza(ESP)
◎4]大坂なおみ 46 63 64 ●13]A.Sevastova(LAT)
◎6]E.Svitolina(UKR) 62 16 61 ●17]M.Keys(USA)

◎8]P.Kvitova(CZE) 62 61 ●A.Anisimova(USA)
◎15]A.Barty(AUS) 46 61 64 ●30]M.Sharapova(RUS)
◎A.Pavlyuchenkova(RUS) 67(3) 63 63 ●5]S.Stephens(USA)
◎D.Collins(USA) 60 62 ●2]A.Kerber(GER)
女子本戦ドロー
女子予選ドロー

スピーチは上手じゃないけど

記事:塚越亘/塚越景子/森下泰/小林粛 写真 W.Tsukagoshi/TennisJapan/CanonEos7D