7月1日から始まる ウィンブルドン本戦のドローができた。

第2シードの大坂なおみ(日清食品)は1回戦で、先週のネイチャーバレー・クラシック2回戦で敗れたユリア・プティンセバ(カザフスタン)との対戦となった。
過去の対戦成績0勝2敗、いきなりの難敵相手だ。

第8シードの錦織圭(日清食品)は1回戦で予選勝者、115位のチアゴ・モンテイロ(ブラジル)と対戦する。モンテイロは予選決勝ラウンドで綿貫陽介(日清食品)をやぶり本戦入りした選手。

杉田祐一(三菱電機)は全仏オープン覇者のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦だ。

大坂なおみ
いきなり難敵!

大坂なおみは、1回戦で39位のプティンセバ(カザフスタン)と対戦する。対戦成績は大坂の2敗
6月20日のネイチャーバレー・クラシック2回戦で2-6、3-6で敗れた相手。その敗戦により1位の座が危なくなった。その時の記事:大坂なおみ負けた。No.1の座に暗雲
敗戦後、記者会見に出なかった為に、罰金約54万円を科せられた。

Dubai Duty Free WTA パーティーでの大坂なおみ

大坂のウィンブルドンでの最高成績は2017、18年の3回戦。
順当に勝ち進めば、3回戦で28位のケニン(米国)、4回戦で14位のウォズニアッキ(デンマーク)、準々決勝で7位のハレプ(ルーマニア)との対戦になる。
女子ドロー

錦織圭対綿貫陽介だったかも?

錦織圭は、1回戦で予選勝者、115位のチアゴ・モンテイロ(ブラジル)と対戦することが決まった。25歳、最高ランキングは74位。対戦はなく初対戦
綿貫陽介は予選決勝ラウンドでこのモンテイロに6-3, 6-7 (3-7), 3-6, 3-6の逆転で惜敗した。綿貫が勝ち上がっていたら、綿貫と対戦していたかも?

錦織、順当に勝ち上がれば、2回戦で109位のイストミン(ウズベキスタン)対49位のノリー(イギリス)の勝者。その後もシード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦では第25シードのデミノー(オーストラリア)、4回戦では弾丸サーブ、芝のウィンブルドンを得意としている第9シードのイズナー(アメリカ)。
準々決勝では第2シード、ウィンブルドン8度の優勝を誇る「芝の帝王」ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦のドロー。錦織圭対フェデラーのウィンブルドンセンターコートでの試合、見てみたい。
錦織、28日はワウリンカ(スイス)、29日はナダルと試合形式で練習していた。

杉田祐一はナダル

本戦ストレートイン、67位の西岡良仁(ミキハウス)は286位のティプサレビッチ(セルビア)、35歳、最高ランキング8位(2012年4月)と対戦。

258位、予選勝者の杉田祐一(30)は全仏オープン優勝、33歳のナダル(スペイン)との初対戦する。

予選を勝ち上がり4大大会シングルス初の本戦出場となった26歳、182位の内山靖崇(北日本物産)は92位のサンドグレン(米国)、27歳、最高ランキング41位と対戦する。
男子ドロー

ウィンブルドン
賞金総額38,000,000ポンド(約52億円)
優勝賞金 2,350,000ポンド(約3.3億円)
1回戦 45,000ポンド(620万円)

予選賞金
予選決勝 22,500ポンド(約310万円)
予選1回戦 7,000ポンド(約100万円)

ロンドン現地時刻(時差-8時間)
ウィンブルドン天気
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

ウィンブルドン・ドロー
男子予選ドロー
女子予選ドロー

ナダルと練習する錦織圭

記事:塚越亘/塚越景子/協力:大坪宏寿M.Otsubo photo/H.Sato/TJapan