8月16日、アメリカ、シンシナティで行われているウェスタン&サザン・オープン
男子はATPマスターズシーリーズ1000。女子はWTAプレミア5、グランドスラム大会に次ぐ格の男女共催大会。

大坂なおみ(日清食品)対アメリカ、20歳、22位のS・ケニンの準々決勝で、大坂はファイナル・セット2-0とリードするが、左膝痛のために棄権した。

マスターズ大会で初めて8強入りした西岡良仁(ミキハウス)だったが、体調不良でゴファンとの準々決勝を棄権した。

大坂なおみ、大事を取り
2-0リードだったが棄権

第1セットは競り合うが4-6で落とす。
第2セットは6-1と取り返すが、時々左足を伸ばしたりしながら膝あたりを気にしていいる。
ファイナル・セット、1-0とリードの時にトレーナーを呼び、治療を受ける。
サポーターを巻き再開、2-0とリードするが、痛みが増したようで棄権した。

左膝の治療を受ける大坂なおみ

MRI検査の結果では、大事には至っていない。連戦での疲労痛。USオープンでは元気にプレーする姿が見られそうだ。

西岡良仁
5試合の連戦の疲れか?

西岡、予選2試合に勝利、本戦でも錦織圭を破るなどこの6日間で5試合を戦い抜いた。
疲労もあったのだろうか、試合当日の昼食後に下痢や嘔吐(おうと)と体調を崩してしまった。

大会正式名:ウェスタン&サザン・オープン
会場:Lindner Family Tennis Center
現地時刻:シンシナティ時刻(時差-13時間)
期間:08/12 – 08/18/2019

大坂なおみ、錦織圭、西岡良仁、共に8月26日からはUSオープン
8月19日(月)からはUSオープン予選が始まる。色々なイベントもあり、入場無料、トッププレーヤー達の練習も目の前で見られる。

記事:塚越亘/塚越景子 写真 Hiroshi Sato