1月8日 今年から始まった国別対抗戦、ATPカップ
日本は昨年のデ杯優勝国、ナダル率いるスペインとBグループ1位通過を賭けて対戦した。

ナンバー2同士の戦いで添田豪(GODAI)は世界9位のバウティスタ アグトに挑むが2-6、4-6で敗れる。
エース対決では西岡良仁(ミキハウス)が世界1位のR・ナダルを相手に対等に闘うも、6-7(4)、4-6で敗れてしまう。

スペインには敗れてしまったが、ダブルスに勝てばまだ2位通過の可能性が残る中、日本は添田がマクラクラン勉と出場。
1位通過を決めたスペインはナダルを休めても良いのだが、なんとナダルが出場する。試合はファイナル・セットのマッチタイブレークに縺れるものの、日本は惜敗した。

日本はBグループのラウンドロビンを2勝1敗で終えたが、グループ2位の中での成績上位2チームに入ることができず、決勝トーナメント進出はならなかった。

https://twitter.com/yoshihitotennis/status/1214859497706938368
AbemaTV 放送予定表
テレ朝ch1 放送予定表

添田豪 世界9位に挑む
西岡良仁 世界一のナダルと激闘

第一試合
●添田豪 2-6 4-6 ◎R・バウティスタ アグト

最終日は単複に活躍した添田豪

119位の添田豪が9位のアグトに挑戦した。
添田は2-2まで競り合うが第1セットを落とす。
第2セットは第5ゲームでサーブを落とす。その後も競り合うもののストレート負けを喫した。

第二試合
●西岡良仁 6-7(4) 4-6 ◎R・ナダル

72位の西岡が世界1位のナダルを苦しめた。

ナダルのスマッシュをカウンターで拾い決め返すなど、素晴らしいプレーで先にブレーク3-2とリードする。
続くゲームでは40-0だったがナダルの反撃にあい落とす。(ちょっともったいなかった)

それでもまた西岡がブレーク、5-4、サービング・フォ・ザ・セットを迎える。
しかしまたもブレーク・バックされる。

タイブレークは先にミニブレーされるが、ミニブレー・バック、惜しくも4-7で第1セットを落とす。

チャンスがありながら落としたことで、ガックリとするところだが、西岡は第2セットでも対等に戦う。
ラリー戦も20回を越える凄い攻防が続く。

4-4、西岡のサーブ、攻めたがナダルがブレークする。

5-4 ナダルのサービング・フォ・ザ・マッチ、30-30、
左右に振り回し、ネットに詰める西岡、ナダルは対戦を崩しながらトップスピン・ロブを決めた。(西岡惜しい!)
ナダルは40-30とマッチポイント。
ナダルの切れるサーブを西岡はロブを上げるが僅かにワイド。

2時間7分の激闘だった。

ぜひ見て欲しい激闘。見逃した人は以下で!

世界テニス国別対抗戦 ATPカップ2020 – ダイジェスト | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
世界テニス国別対抗戦 ATPカップ2020 – ダイジェスト等、15,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

第三試合
●添田豪/マクラクラン勉 6-7(5)、6-4、[6-10] P・カレノブスタ/R・ナダル

最終試合、日本はマクラクラン勉と添田豪組で戦う。
スペインは1位通過が決まっているのだが、なんとナダルを投入してきた。

セットオール、ファイナル・セットは10ポイント先取のスーパータイブレークで争われる。
日本はミニブレークを先行、3-0、5-2、6-3とリードしていたが、惜しくも1時間55分の激戦の末に敗れた。

$15,000,000 ATPカップ
会場:ブリスベン、シドニー、パース
各国のトップランク2名のATPランキングにより、上位24ヶ国が参戦。
その24ヶ国を6つのグループ、4チームずつに分け、総当たり戦を行う。
総当たり戦の各グループの1位6ヶ国と2位の中でもっとも成績の良い2ヶ国、計8ヶ国が
決勝トーナメント(シドニー)に進出して優勝チームを決定する。
試合はシングルス2試合(ベスト・オブ・3セットマッチ)とダブルス1試合(第3セットは10ポイントマッチタイブレーク)で争われる。

【グループA】ブリスベン
セルビア 3-0 (7-2)
南アフリカ 2-1 (5-4)
フランス 1-2 (4-5)
チリ 0-3 (2-7)

【グループB】パース
スペイン 3-0 (9-0)
日本 2-1 (5-4)
ジョージア 1-2 (3-6)
ウルグアイ 0-3 (1-8)

西岡良仁、日本のエースとしてチームを引っ張った

【グループC】シドニー
イギリス 2-1 (6-3)
ブルガリア 2-1 (6-3)
ベルギー 2-1 (5-4)
モルドバ 0-3 (1-8)

【グループD】パース
ロシア 3-0 (8-1)
イタリア 2-1 (5-4)
ノルウェー 1-2 (3-6)
アメリカ 0-3 (2-7)

【グループE】シドニー
アルゼンチン 2-1 (5-4)
クロアチア 2-1 (5-4)
ポーランド 1-2 (4-5)
オーストリア 1-2 (4-5)

【グループF】ブリスベン
オーストラリア 3-0 (9-0)
カナダ 2-1 (5-4)
ドイツ 1-1 (3-6)
ギリシャ 0-3 (1-8)
各グループ成績表
試合日程
優勝賞金は$15,000,000(米ドル)、最大750ポイントのATPポイントが付与される。
賞金及びATPポイント

国対抗戦は
デ杯、レーバーカップとある

デビスカップby楽天
1900年に始まった大会、2019年は133ヶ国が参戦、日本はワールドグループで戦った。
レーバーカップ
ロジャー・フェデラーと彼の所属エージェントが主催する「ヨーロッパ代表vs世界代表」

記事:塚越亘 塚越景子 写真 ATPカップ