2月19日、アメリカ、フロリダ州デルレイビーチで開催されているATPツアー「デルレイビーチ・オープン」で西岡良仁(ミキハウス)が8強となった。

西岡、1回戦では第5シードのJ・ミルマン(オーストラリア)を3-6、6-4、6-2で破り、2回戦ではN・ルービン(アメリカ)を僅か55分、6-1、6-2でしりぞけ準々決勝に進出した。

西岡が1回戦で破ったミルマンは先の全豪オープン3回戦でロジャー・フェデラー(スイス)と6-4、6-7(2)、4-6、6-4、6-7(8)と4時間を越えるフルセットの試合を挑んだプレーヤー。昨年の楽天ジャパンオープンではジョコビッチに敗れたが準優勝している。その選手に逆転勝ちをした。

内山靖崇(北日本物産)は惜しくも1回戦でM・マクドナルド(アメリカ)に2-6、6-7(5)で敗れた。

ダブルスではマクラクラン勉組が8強になっている。

西岡良仁ATPデーター西岡良仁、今年の全成績

先週のNYオープン2回戦では身長2メートル11センチのR・オペルカ(アメリカ)と対戦惜敗している。オペルカは昨年の楽天ジャパンオープンでは4強になっている。

凄い身長差!

「二回戦46.46で負けました。
ブレークチャンスありましたが、欲しい時にサーブで凌がれ取れませんでした。
キープしなければならないというプレッシャーがあり攻め切れなかったりミスが出たりしてブレークされると言う展開でした。
次のデルレイビーチ頑張ります。
丁度彼の肩くらいですね」西岡良仁Twitter

8強になった西岡良仁

記事:塚越亘/塚越景子 写真by Delray Beach Open by VITACOST.com