9月17日 BNLイタリア国際(通称イタリアン・オープン)

シングルス2回戦で、錦織圭(日清食品)がイタリア期待の18歳 L・ムセッティ(イタリア、249位)に3-6、4-6で敗れた。

西岡良仁(ミキハウス)は第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)に1-6、0-6で敗れた。

女子ダブルスでは第7シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業)組が女子シングルスNo.2のシモナ・ハレプ組などを破り、準決勝に進出している。

https://www.facebook.com/EnaShibs/videos/332870444802119/?t=5
日比野菜緒(ブラス)/二宮真琴(エディオン)組は2019年ウインブルドン優勝ペアの謝淑薇(台湾)/ストリコバ(チェコ)に2回戦で敗れた。加藤未唯(ザイマックス)組も2回戦で敗れた。
女子ダブルスドロー

錦織圭 停電!
第2セット4-4、30-15で真っ暗に

第1セットを落とした錦織、第2セットは競り合い4-4となる。

30-15の時に真っ暗に、停電による試合中断という前代未聞のアクシデントが起った。
再開後の錦織は5ポイント中4ポイントを失い、このゲームを落とし、そして試合そのものに敗れた。

「人生で初めてでびっくりしたが、そんなに気にならなかった」と錦織はそのハプニングをあえて敗因にあげず、
「それより、状態はまだまだ。リズムをつかむにはもっと試合が必要」と実戦を求め、次週21日からはドイツ、ハンブルグでの ヨーロピアン・オープンに出場、1回戦の対戦相手は21位、C.Garin(チリ)と対戦する。

そして27日からは 全仏オープン(パリ) でプレーする。

錦織圭を破った ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)
2002年3月3日生れ(18歳)
2018年USオープン・ジュニア準優勝
2019年全豪オープン・ジュニア優勝。同年6月ジュニア世界1位。
身長185cm、体重75kg
右利き、バックハンドは片手打ち。
得意ショットはフォアハンド。
好きなサーフェスはクレー
イタリア期待の18歳 ムセッティ

<<2回戦>>
●錦織圭 3-6 4-6 ◎L・ムセッティ

ムセッティは8月17日からイタリアで再開されたチャレンジャー3大会で9試合、このイタリアンオープン予選で3試合勝ち続け、予選突破、1回戦で、グランドスラム大会3度の優勝を誇るワウリンカ(スイス)を6-0,7-6(2)で破っている。
コロナ禍後、ワウリンカ戦も含め合計14試合している。

対する錦織は1年のブランクがあり3試合目。今大会1回戦で、383日ぶりにツアー公式戦で勝利したばかりだ。

第1セットの第3ゲーム、ムセッティのサーブで15-40と錦織はブレーク・チャンスを掴む、
デュースでもブレーク・ポイント、合計ブレーク・チャンスが3回あったが、ムセッティがデュース3回の末にキープ。

3回のブレーク・チャンスを逃すと続くゲームをブレークされ、3-6で第1セットを落とす。

第2セットは2-2までお互いにラブでキープ。
続くゲームはお互いにブレーク・ポイントを逃れて3-3となる。

競り合い、4-4、錦織のサーブ、30-15の時、まさかの停電が起った!

30-40はデュースにするが、バックをネットし4-5とサーブを錦織は落とす。

5-4 ムセッティのサービング・フォ・ザ・マッチで0-30と粘るが4ポイント連取され敗退した。

西岡良仁
ディミトロフに完敗

●西岡良仁 1-6 0-6 ◎15]G・ディミトロフ

「久々にあまりいい出来ではなかった。
球の飛びが良くなくて、終始深くいかなかった
切り替えて明後日からのドイツ、ハンブルグでの ヨーロピアン・オープン予選頑張ります」。と西岡良仁


西岡、予選ではなく本戦にラストイン、1回戦ではドイツの26歳 D.KOEPFER(97位)と対戦する。 ハンブルクドロー

イタリアン・オープン大会データー
大会公式HP: Internazionali BNL d’Italia
男女56ドロー、赤土クレー
会場:Foro Italico
9/14 – 9/21, 2020
ローマ現地時刻(時差-7時間)

オーダー・オブ・プレー

男子 €3,854,000 ATP1000 ROME
男子ドローnet版
本戦ドローPDF
内山靖崇、杉田祐一、ダニエル太郎予選突破ならず。
予選ドローPDF

女子 €1,692,169 WTA Premier 5 ROME
女子ドローnet版
本戦ドローPDF
女子ダブルスドロー
土居美咲予選突破、日比野菜緒予選突破ならず。
予選ドローPDF

まだまだ実戦が必要と錦織圭

記事:塚越亘 塚越景子 写真 ©Internazionali BNL d’Italia