9月29日 全仏オープン 3日目

日比野菜緒(ブラス)が、USオープン3回戦で大坂なおみを苦しめ、この全仏オープン予選決勝では奈良くるみ(安藤証券)を破って本戦出場を決めた期待の18歳 M・コスチュク(ウクライナ) を6-4、6-0のストレートで破り全仏オープン本戦3度目の挑戦で初の勝利をあげた。
2回戦では第30シードのO・ジャバー(チュニジア) と対戦する。

土居美咲(ミキハウス)は第1セットでは先にサーブをブレークするなど積極的なプレーで第13シードの P・マルティッチ(クロアチア) を苦しめたが、6-7(2)、5-7で敗れた。
内山靖崇(積水化学工業)はアッティラ・バラージュ(ハンガリー)に2-6、3-6、5-7で敗れた。

9月30日(水)大会4日目、現地11時(日本時間同日18時)開始の5番コート第1試合に西岡良仁(ミキハウス)、14番コート第3試合に錦織圭(日清食品)の2回戦が入った。

日比野菜緒 迷いないプレーで
期待の18歳破る

<<1回戦>>
◎日比野菜緒 64 60 ●Q]M・コスチュク(ウクライナ)

日比野は前哨戦のストラスブールで4強となる。
1回戦では2017年USオープンに優勝、2018年には全仏オープンに準優勝しているS・スティーブンスをフルセットの接戦の末破り、準々決勝では2017年全仏オープン優勝者のE・オスタペンコにも勝利し準決勝に進んだ。

しかしこの大会、日比野のランキングでは予選にも出られないウエィテングだったのだ。
が、現地に直行、不参戦プレーヤーが日々増え、本戦入りを果たし幸運を掴んだ。

コロナ禍での自粛期間を経てテニスができること、大会に参加できることの有難さを再認識したという。
そんな謙虚さから来るのかテニスに迷いがない。

USオープン3回戦では大坂なおみを苦しめ、この全仏予選決勝では奈良くるみを破った将来有望な18歳をストレートで破った。

内山靖崇
セットポイントあったが

積極的なプレーをした内山靖崇

<<1回戦>>
●内山靖崇 2-6、3-6、5-7 ◎A・バラージュ(ハンガリー)

第3セット、内山5-4、相手のサーブながら15-40と二つセットポイントがあった。
それを取っていたら展開が変わりそうな試合だった。

ローランギャロス2020
賞金総額€38,000,000(約47億円)
優勝賞金:€1,600,000 (約2.4億円)
準優勝:€850,500(1.1憶円)
ベスト4:€425,250(5300万円)
ベスト8:€283,500(3500万円)
4回戦:€189,000(2400万円)
3回戦:€126,000(1600万円)
2回戦:€84,000(1100万円)
1回戦:€60,000 (約750万円)
本戦:男女128ドロー
赤土クレー
会場:Rolandgarros
本戦:9/27 – 10/, 112020
パリ現地時刻(時差-7時間)
オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<男子2回戦>>
錦織圭 vs S・トラバグリア(28歳、イタリア、74位)
西岡良仁 vs H・ガストン(フランス、239位)

<<1回戦>>
◎錦織圭 16 61 76(3) 16 64 ●32]D・エバンズ
◎西岡良仁 75 63 63 ●19]F・オジェアリアシム(カナダ)

A・バラージュ(ハンガリー) 62 63 7-5 ●内山靖崇
28]C・ルード(ノルウェー) 61 63 61 ●杉田祐一
男子ドローnet版 男子ドローPDF

<<女子2回戦>>
日比野菜緒 vs 30]O・ジャバー(チュニジア)

<<1回戦>>
◎日比野菜緒 64 60 ●Q]M・コスチュク(ウクライナ)
13]P・マルティッチ(クロアチア) 76(2) 75 ●土居美咲
USオープン女王の大坂なおみは欠場。
女子ドローnet版
女子ドローPDF版
ドロー

<<予選>>
女子は奈良くるみ、日比万葉、内藤祐希、村松千裕、男子ではダニエル太郎、添田豪、守屋宏紀、伊藤竜馬、綿貫陽介が挑戦したが敗れた。
女子予選ドロー
男子予選ドロー

Roland Garros
Welcome to the Roland-Garros official Youtube channel. Here, you will find all the videos of the tournament including interviews, best of, highlights and man…

ローランギャロス インスタグラム
ローランギャロス Twitter
ローランギャロス Facebook

日比野菜緒 嬉しい全仏オープン1回戦勝利

記事:塚越亘/塚越景子/T.Terashima/Y.Morishita photo:Hiroshi Sato