10月21日 フレンチ・オープン以来のツアー参戦となった錦織圭(日清食品)はベルギーのアントワープで行われているATP500『ヨーロピアン・オープン』に出場を予定していたが、残念ながら右肩の故障で棄権した。
内山靖崇(積水化学工業)と組んだダブルスも棄権した。

同じくフレンチ・オープン以来のツアー参戦の西岡良仁(ミキハウス)はドイツ、ケルンで行われているATP250 「bett1HULKS選手権」(賞金総額32万5610ユーロ)に出場、1回戦でカイル・エドマンド(イギリス)を6-4、6-0で破った。
8強入りをかけて2回戦で、第7シードのヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とマルコ・チェッキナート(イタリア)の勝者と対戦する。

ダブスルでは前週サンクトペテルブルク・オープン(ロシア)で、クロアチアの選手と組んで4強になったマクラクラン勉(イカイ)が今週は南アのクラーセンと組み、1回戦に勝ち8強となった。

錦織圭 肩の故障で棄権

「肩の状態が100%ではないので、残念ながら欠場することになりました。
ショックはありますけど、この1週間しっかり練習して、ヴィエナの大会に向けて準備していきたいです。」錦織圭公式アプリ『Kei Nishikori』

European Open
Antwerp, Belgium
10/19 – 10/25, 2020

ドローnet版

予選には内山靖崇(積水化学工業)、杉田祐一(三菱電機)が参戦。
内山、決勝ラウンドでセットポイントをセーブしタイブレークに持ち込むが惜敗した。
予選ドロー

錦織、26日からのオーストリアのウィーンで行われるATP500 『エルステ・バンク・オープン』に出場予定だ。

西岡良仁8強目指す

時差ボケに悩む西岡だったが、合計14回のブレークポイントをセーブし、47位のエドムンドを6-4、6-0で破った。試合のデーター
8強入りをかけて、第7シードのヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とマルコ・チェッキナート(イタリア)の勝者と22日(木)に対戦する
https://twitter.com/atptour/status/1318452811919544321

アントワープでの錦織圭 by LAURIE DIEFFEMBACQ

記事:塚越亘/塚越景子 photo:European Open