9月20日 青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業)組が、2021年「WTAツアーファイナル」出場を決めた。

「WTAツアーファイナル」は1972年から始まった歴史ある大会。毎年その年のトップ8の成績を残したシングルス8名、ダブルス8チームだけによるエリート大会。
日本人ダブルスプレーヤーとしては2008年の杉山愛以来の快挙だ。

2019年からペアを組み始めた青山修子/柴原瑛菜組のツアー優勝は8回。
青山は通算17回、柴原は8回ツアー優勝を経験している。

2021年、今年の二人は19大会に出場。5大会に優勝している。
まずはツアー開幕戦のWTA500アブダビと2戦目のWTA500ヤラバレーを制したあと続く全豪オープンで8強入りし、4月にはグランドスラムに次ぐグレードのWTA1000マイアミ・オープン優勝。ヨーロッパに渡り、6月WTA250バイキング・オープン(イギリス)優勝。ウィンブルドンでは4強。
USオープン前哨戦のWTA250クリーブランドに優勝。USオープンでは優勝したストーサー(豪州)/張帥(中国)組に5-7 5-7 で競り負け、8強入りを逃したが活躍、現在ダブルスレース・ランキングで2位につけている。

「WTAツアーファイナル」は1972年に始まりクリス・エバートが最初のチャンピオンになっている。ダブルスは翌年の73年から始まり、コート夫人/カサルス組がチャンピオンになった。
会場はフロリダ、ロスアンゼルス、ニューヨーク、マドリード、シンガポールなどなど世界の大都市で行われ、2019年からは中国で資生堂WTAファイナルズ・深圳(シンセン)として行われてたが、昨年はコロナ禍で開催されず、今年も開催が危ぶまれていた。
今年は中国での開催が無理なので、メキシコのグアダラハラで11月8日から14日まで開催される。WTAファイナル今年はメキシコで開催。コロナが収まれば来年からは資生堂WTAファイナルズ・深圳(シンセン)として再開される。

First qualifiers announced for 2021 WTA Finals
World No.1 Ashleigh Barty has qualified for the 2021 WTA Finals in Guadalajara, Mexico. She will be joined by Aryna Sabalenka and Barbora Krejcikova, who are set to make their singles debuts in the year-end championship, along with doubles players Katerina Siniakova, Shuko Aoyama and Ena Shibahara.
青山修子(近藤乳業)
1987年12月19日生まれ33歳
東京都町田市出身
早稲田大卒
青山修子 WTAデーター
青山修子(近藤乳業)Instagram

柴原瑛菜(橋本総業)
1998年2月12日生まれ23歳
両親は日本人。南カリフォルニア育ち。
2016年USオープン・ジュニア・ダブルス優勝。
2019年6月、国籍をアメリカから日本に。
柴原瑛菜 WTAデーター
柴原瑛菜とは?
柴原瑛菜(橋本総業)Facebook

抜群のコンビネーション青山修子/柴原瑛菜組

記事:塚越亘 塚越景子 写真:Tennis Japan