一般社団法人プロテニスリーグ機構(PTL)によるプロ選手による男女混合チーム対抗戦『PTL Pre Match』が10月17日、昭和の森テニスセンター(ハードコート)にて開催された。

テニスファンや地域との交流をコンセプトに加えたこのイベントは、前段階で拝島第三小学校(東京都・昭島市)にてプロが約100名の生徒とテニス体験を行う学校訪問や、ドラフト会議でチーム分けをするなど、着実に下地を作ってきた。

当日もジュニアやスポンサーと12名のプロがヒッティングで盛り上げた後、試合を迎えた。交流したファンたちは、応援にも自然と熱が入る。

試合前にはヒッティングイベントが開催された

江原弘泰率いる「チームREDピーターパン」と関口周一率いる「関口ホワイトラビッツ」との対戦は、男女7名ずつ2チームに分かれたチーム戦。1試合は5ゲームマッチ(4―4タイブレーク)、結果は試合の勝利数ではなく、獲得した総ゲーム数で勝敗が決まるので、どの試合も気の抜けないものとなった。

第1試合の女子ダブルスは「チームREDピーターパン」の相川/尾関ペアが古屋/安部ペアに5−1で勝利し、第2試合の男子シングルスは「関口ホワイトラビッツ」のキャプテン関口周一が5−1で鈴木昂に勝ち、総ゲーム数6−6と違いに譲らない展開に。

相川真侑花/尾関彩花(チームREDピーターパン)
古屋美智留/安部由香莉(関口ホワイトラビッツ)
鈴木昂(チームREDピーターパン)
関口周一(関口ホワイトラビッツ)

混合ダブルス、女子シングルスでは、江原/長船ペア、相川真侑花が相手にリードを許しながらもタイブレークに持ち込み勝利すると、この時点で「チームREDピーターパン」から16−14となり、決着は最終試合の男子ダブルス次第ということに。

江原弘泰/長船香菜子(チームREDピーターパン)
上杉海斗/安部由香莉(関口ホワイトラビッツ)
澤柳璃子(関口ホワイトラビッツ)
相川真侑花(チームREDピーターパン)

この日初めて組む片山翔/中西聖也ペアと、何度も組んできた百戦錬磨の菊池玄吾/竹島駿朗ペアの戦いは、ダブルス巧者の片山が、ミスのないリターンで7歳年下の中西を引っ張り、5−2で勝負を決め、総獲得ゲーム21−16で「チームREDピーターパン」の勝利となった。

菊池玄吾/竹島駿朗(関口ホワイトラビッツ)
片山翔/中西聖也(チームREDピーターパン)

コメント江原弘泰

「こういうものを見にきていただくためにどんなものが求められているのか、選手だけでなく、皆さんからの声を聞いていきたい。テニスをやる人は多いのに見る人が少ないのは残念なので、みなさんとテニスをする機会をもっと作っていき、見にいこうと思う人を増やしていきたいと思います」

コメント関口周一

「小さい頃から切磋琢磨し合ってきた鈴木選手が相手だからこそ、いいプレー、いい試合をしたいと思って戦いました。自分自身今年はあまり勝ててなく、苦しい時期を過ごしていたのですが、本当の試合の雰囲気を味わえるいい機会だと思いましたし、実際、お客さんの前で久しぶりに思い切りプレーができてスッキリしました」

コメント相川真侑花

「人生初めての団体戦出場だったのですが、音楽もあり、掛け声もある中、楽しい雰囲気で戦えて、これが初めての団体戦で良かったと思いました。出場を決めたのは、テニス界を盛り上げたい気持ちと、ファンの方と交流を持ちたいという思いからでした。今回は良い機会でしたし、今後もタイミングが合えばぜひ出場したいと思います」

コメント澤柳璃子

「ヒッティングイベントは1時間だけでしたが、やっている側も楽しかったし、子どもたちにとっていい刺激になればいいと思います。今回はジュニアだけでしたが、今後は幅広い世代の方とも一緒にできたらいいですね」

【PTL Pre Match 結果】

第1試合 女子ダブルス  相川真侑花/尾関彩花  5-1 古屋美智留/安部由香莉
第2試合 男子シングルス 鈴木昂 1-5 関口周一
第3試合 混合ダブルス  江原弘泰/長船香菜子 5-4(2) 上杉海斗/安部由香莉
第4試合 女子シングルス 相川真侑花 5-4(1)  澤柳璃子
第5試合 男子ダブルス  片山翔/中西聖也 5-2  菊池玄吾/竹島駿朗

総獲得ゲーム 21-16 でチームREDピーターパンの勝利

■主催:一般社団法人プロテニスリーグ機構

■協賛:株式会社ラビロ・ドリームオンライン株式会社・ウインザー商事株式会社・ののじ株式会社・ロランインドアテニスステージ・株式会社Eternal Sports

■協力:株式会社GAORA 橋本総業株式会社 法政大学テニス部 株式会社nobitel  株式会社アクトスポーツプランニング 山田テニスクラブ トム・インドアテニス秦野校 特定非営利活動法人TTC あいち 株式会社tennis-peak  合同会社毎日庭球日 株式会社インスピリッツ Joint Sports 株式会社テニスポテンシャル

写真/伊藤功巳 取材/保坂明美