全豪オープン2回、USオープン2回とグランドスラム大会に合計4度優勝の元世界一の大坂なおみ(フリー)だが、今年の全豪オープン3回戦敗退後はランキングが落ち、現在(2月7日付け)のランキングではなんと85位になってしまっている。

大会の出場資格はランキング順に決まるので、85位だとドロー数が32や64の大会だと本戦に出場する事ができず、予選からプレーしなくてはならないのが厳しいプロテニス界の現状だ。

気になる大坂だが、次の出場予定大会が3月9日アメリカ西海岸のリゾート地パームスプリングスの隣町、インディアンウエールズで行われる「BNP パリバ・オープン」ということがSNSを通じてわかった。

次の出場予定大会は?

Twitter: 次の大会は? インディアンウエールズ

大坂なおみ予選から❓
2回戦ではNo.1 シード選手との対戦可能性有り

BNP パリバ・オープン」はグランドスラム大会に続く格のビッグ大会。ATP/WTA男女共催大会で、ドローは128をベースのトップ32名がシードされる96ドローの大会だ。
85位の大坂は本戦にストレートで出場できるか❓
となると答えはNO!!!!!

なぜなら96のドローの内、予選枠が12、そして主催者推薦枠などが6、合計18枠があるので、ストレートで本戦に出場するには78位内でないと出場できない。(現在のストレートインの選手リスト
大坂の場合は本来ならば予選から出場となる。
しかし実際には怪我などで出場できない選手達もいるので、大坂はウェイティングリスト上位のところ。
とは言え、出場意志があるので、最悪の場合は主催者推薦枠で出場になるだろう。

本戦に出場しても大坂は1回戦から戦い、2回戦ではシード選手との対戦となる。
第1シード、世界1のA・バーティー(豪)との対戦の可能性も、第32シード選手との可能性もある。
「ランキングは気にしていない。
年間を通して、今の調子でプレーできれば、十分に上がっていけると思う
対戦相手の方が嫌がるんじゃない」と全豪オープンでの大坂。
元々力があるので、開き直って実力を発揮できるのではと期待する。
大坂なおみ WTAデーター
大坂なおみ 全成績
大坂なおみ Twitter
大坂なおみ Facebook
大坂なおみ インスタグラム

WTAランキング
毎日更新: WTAランキング(非公認だが正確)
大会の出場資格はランキング順に決まるので、85位だとドロー数が32や64の大会だと本戦に出場する事ができず、予選からプレーしなくてはならない。
集客力のある大坂なので、大会主催者はワイルドカード(主催者推薦枠)を与えてくれるだろうが、しかし、年間で推薦枠を利用できるのは6大会で、本戦は原則3大会までだ。(ランキングにより特例あり)

BNP パリバ・オープン
96ドロー(128のドローをベースにトップ32名は1回戦がなく、2回戦から)
会場:Indian Wells Tennis Garden
現地時刻(時差 -16時間)
本戦: 3/9 – 3/20, 2022
大会日程

◆女子 $9,554,920 WTA 1000
◆男子 $$9,554,920 ATP1000

ツアー初優勝がプレミア・マンダトリー、大坂なおみのスケールは大きい 準優勝カサキナ(ロシア) 20歳同士の決勝だった

当時世界44位の大坂なおみは世界19位のダリア・カサキナ(ロシア)を6-3、6-2のストレートで破り、自身初のツアー優勝をした。

大坂なおみ優勝 次はセリーナ・ウイリアムズと対戦!【BNP パリバ・オープン】

記事:塚越亘/塚越景子 写真H.Sato/TennisJapan