2月21日(月) ATPツアー公式戦 「ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権」、予選を突破したダニエル太郎(エイブル)が1回戦でツアー5勝の ダビド・ゴファン(ベルギー)を6-3、7-6(5)で破った。

凄い試合だった。
元世界7位のゴファンは精密機械のように角度を付けたり、ストレート深く打ってくる。
調子を上げているダニエルはそれに対応し、しぶとくプレーする。
お互いにチャンスがあればカウンターを打つ。
そんなラリー戦が何度となく続く。
一番長いラリー戦は42回続いた。

第2セット、4-5、ダニエルのサーブではダブルフォルトでゴファンにセットポイントを握られた。
ダニエル5-6のサーブの時にもデュース後にゴファンに2度目のセットポイントを掴まれた。
タイブレークでも4-5と劣勢だったが2時間(正式には1時間51分)の激戦の末の勝者はダニエル太郎だった。

「今日は珍しく冷たい風が強く、
見てる方は寒くて凍えていました。
そんなコンディションの中、
太郎のプレーはブレなく、自信に満ち、
ナイスファイト‼
立派に勝ちきりました。」高田充 日本デ杯コーチ

ダニエルは2回戦で、第6シードのシャポバロフ(カナダ)と23日(水)夜9時(日本時間24日朝2時)ごろに対戦する。

西岡良仁(ミキハウス)はメキシコ、アカプルコでのATPツアー500「アビエルト メキシコ・オープン」の予選を見事に突破!
本戦1回戦ではワイルドカードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)と対戦する。
その試合は現地2月22日(火)18時、日本時間23日朝9時からになった。

イタリアでのチャレンジャーに出場の内山靖崇(積水化学工業)だったが1回戦で第6シードのI・マルチェンコ(ウクライナ)に2-6、7-6(11)、4-6 2時間半の激戦の末に敗れた。

ダニエル太郎と西岡良仁の試合は WOWOWオンデマンドで視聴可能。

「ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権」
ATP500 ドバイ
ドバイ現地時刻 (時差 -5時間)
2/21 – 2/27 2022
Twitter
Facebook

第1シードはジョコビッチ(セルビア)、第2シードはルブレフ(ロシア)、第3シードはオジェ アリアシム(カナダ)、第4シードはシナー(イタリア)

オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

<<1回戦>>
◎ダニエル太郎 63 76(5) ●ゴファン
本戦ドロー
本戦ドローPDF
予選ドロー

ダニエル太郎Twitter
ダニエル太郎ATPデーター
ダニエル太郎 全成績

勝ち切ったダニエル太郎

西岡良仁 見事本戦入り

アビエルト メキシコ・オープン
ATP500 アカプルコ
2/21 – 2/26 2022
現地時刻(時差 -15時間)

Facebook
Twitter

第1シードはメドベージェフ(ロシア)、第2シードはズベレフ(ドイツ)、第3シードはチチパス(ギリシャ)、第4シードがナダル(スペイン)

オーダー・オブ・プレー
ライブスコア

本戦ドローnet版
本戦ドローPDF
予選ドロー

西岡良仁全Twitter
西岡良仁ATPデーター
西岡良仁全成績

イタリアチャレンジャー 内山靖崇惜敗
綿貫陽介望月慎太郎組ダブルス出場

イタリアチャレンジャー

オーダー・オブ・プレー

内山靖崇本戦から
本戦ドロー
綿貫陽介/望月慎太郎組ダブルス本戦
ダブルスドロー
二人はシングルス予選から挑戦したが惜敗
予選ドロー

記事:塚越亘/塚越景子 photo ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権