3月4日、5日 スウェーデンのヘルシンボリで行われた男子国別対抗戦「デ杯 日本vsスウェーデン」戦。
初日1勝1敗だった日本は2日目の第1試合で内山靖崇(積水化学工業)、マクラクラン勉(イカイ)組が登場、D・ゴランソ/エリアス・イマー組にマッチポイントを三つ握ったが逆転負けを喫した。
「デ杯は何が起こるかわからない」このマッチポイントを取っていたら勝負は違う展開になっていただろう。
「もう一回、そのポイントやり直したい。
チームに申し訳ない」と内山/マクラクラン組は悔やしがる。

「デ杯惜しくも2-3で負けてしまいました。
若手もチームの中で育っているし日本のテニスの土台は今までの中でも一番しっかりしていると思う。
またデ杯ファイナルに挑戦していきたいと思います!
チームメンバーの選手とスタッフの皆さんに感謝。
応援ありがとうございました!」とダニエル太郎

試合はWOWOW オンライン で再視聴可能。

1勝1敗
ダブルスではマッチポイントがあった!!!!

<<第3試合>>
●内山靖崇/マクラクラン勉 6-2 6-7(7) 5-7 ◎アンドレ・ゴランソン/エリアス・イーマー

第1セット、コンビの良さを発揮して6-2で取った日本。
第2セット、2-4の時、内山が左ふくらはぎの治療を受ける。
前週のチャレンジャーダブルス準決勝で肉離れを起こし、第1セットをタイブレークで取りながら2-2で棄権している。
嫌な展開だが、3-5からブレーク・バック、セットポイントも掴まれたがタイブレークに持ち込む。

タイブレークでは6-4、マクラクランのサーブで最初のマッチポイント。
続くイーマー5-6サーブで2回目。
内山7-6のサーブで3回目とマッチポイントが3度あったが、最後の1ポイントが取れない。
第2セット5-6からの長いデュース 1:40:00ごろから
スウェーデンは8-7とタイブレークでは初めての5度目のセットポイントをものにした。

ファイナル・セットも競り合いになるが、5-5のサーブをブレークされ、日本は逆転負けとなった。

初日のシングルスでダニエルにストレート勝ちしてているイーメル兄をダブルスにも起用してきたスウェーデンのロビン・ソダーリング監督、その博打が当たった。

<<第4試合>>
◎ダニエル太郎 6-0 7-5 ◎DN・マダラス

前日に個人戦とは違うデ杯のプレッシャー?で思うようなプレーができなかったダニエル太郎。
「精神的には重い24時間」後にはキッチリと日本No.1プレーヤーの重責を果たす。

<<最終試合>>
●綿貫陽介 3-6 3-6 ◎エリアス・イーマー

「デ杯2勝2敗。
勝負のかかる試合。
こういう試合に勝ちたくて今までプレーしてきた」とデ杯成績は3勝0敗の綿貫
しかしデ杯のプレッシャーは大きかった。
第3ゲームで2度あったブレーク・チャンスを逃すと第6ゲームをブレークされる。
「劣勢になり、勝たなくてはと言う」プレッシャーで思い通りのプレーはできなかった。

手首の怪我で不出場のNo.1プレーヤーの弟に代わりに単複大活躍したNo.2のエリアス・イーマー(133位、25歳)

日本のプレーヤー達もこのようなデ杯のプレッシャーを経験して一段とたくましく育っていくのだろう

2022 デビスカップ by Rakuten
「2022 デビスカップ by Rakuten ファイナル予選」
2022年3月4・5日 スウェーデン・ヘルシンボリ
スウェーデン 現地時刻(時差 -8時間)

●日本 2-3 ◎スウェーデン

◎綿貫陽介 64 64 ●DN・マダラス
●ダニエル太郎 57 46 ◎エリアス・イーマー
●マクラクラン勉/内山靖崇 62 67(7) 57 ◎ゴランソン/エリアス・イーマー
◎ダニエル太郎 60 75 ●DN・マダラス
●綿貫陽介 36 36 ◎エリアス・イーマー

全スウェーデン選手 ランキング
全日本人選手 ランキング

勝つたスウェーデンは9月14日から18日に行われる16ヶ国による デ杯ファイナルに出場。

負けた日本は9月16、17日に行われるワールドグループⅠ部でプレーする。
対戦国は:日本はじめ、ファイナル予選で敗れたエクアドル、ルーマニア、フィンランド、コロンビア、カナダ、ブラジル、スロバキア、ハンガリー、ノルウェー、チェコ、オーストリア。
とワールドグループⅠ部プレーオフに勝ったチリ、インド、トルコ、ポルトガル、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イスラエル、ニュージーランド、ウクライナ、パキスタン、ペルー、スイス、メキシコ。
計24チームが組み合わせ抽選を行い、12対戦を決定する。
デ杯・JTAホームページ

内山靖崇、マクラクラン勉、ダニエル太郎、望月慎太郎、綿貫陽介

1900年にアメリカ対イギルスの対抗戦として始まった男子テニス国別対抗戦 デビスカップ。2022年は148ヶ国が参戦。
2019年から、国際テニス連盟(ITF)とスペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体コスモスの協力によって新フォーマットに変更され デビスカップ by Rakuten となっている。

記事:塚越亘 塚越景子 写真 デビスカップ by Rakuten