ウィンブルドンは7月2日に本戦が始まる。芝のコートでのプレーに慣れるために、選手達は芝の試合に挑戦している。

錦織圭(日清食品)、杉田祐一(三菱電機)はドイツ、ハレーで行われているゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)。
大坂なおみ(日清食品)はイギリス、バーミンガムでのNature Valley Classicに出場中だ。

錦織の2回戦は6月20日(水)センターコートの第2試合、現地13時以降(日本時間同日20時)、K・ハチャノフ(ロシア)と対戦。
杉田祐一はセンターコートの第4試合、フレンチ・オープン準優勝のD・ティエム(オーストリア)と17時30分以降に対戦する。

大坂はバーミンガム2回戦で予選勝者のD.JAKUPOVIC(SLO)と対戦する。11時半開始の第2試合だ。

錦織圭2回戦は
2メートルの巨人ハチャノフだ!

K・ハチャノフ(RUS)は5月21日に22歳になったばかり、将来有望の選手。
36位(最高ランキング29位、2017年7月)、身長198cmを生かしたビッグサーブからの攻撃テニスが持ち味。
今年もATPマルセーユで優勝している。

錦織、1回戦の試合ではトスに勝ちサーブを選んだ。珍しいこと、初めて目にした。

リターンが得意な錦織はトスに勝ってもレシーブを選ぶのが定石だが、芝ではサーブの出来次第で勝負が決まるので、積極的にサーブに取り込もうと言う姿勢なのだろう。

1回戦で負けてしまったが、マクラクラン勉と組んでダブルスに出たのも、そんな姿勢の表れかもしれない。

芝ではビッグサーバーが有利。錦織にとってハチャノフ戦はウィンブルドン本番への良い試金石の試合だろう。

大会名:Gerry Weber Open
賞金総額:€2,116,915(2.8億円) ATP500 Halle, Germany
会場:ゲリー・ウェバー・スタジアム
ドイツ時間(時差-7時間)
June 18-24, 2018

<<シングルス2回戦>>
7]錦織圭 vs K・ハチャノフ(RUS)
杉田祐一 vs D・ティエム(AUT)

<<1回戦>>
〇7]錦織圭 63 76(3) ●M.バッヒンガー(GER)
〇杉田祐一 64 57 63 ●M.MARTERER(GER)
ドローnet版
ドローPDF

マクラクラン勉とのダブルスで芝の感触を

<<ダブルス1回戦>>
〇GRANOLLERS(ESP)/HAASE(NED) 63 76(3) ●錦織圭/マクラクラン勉
ダブルスドロー
シングルス予選ドロー
大会名:Nature Valley Classic
賞金総額:$936,128 WTAPremier BIRMINGHAM
June 18-24, 2018
Birmingham, Great Britain

<<2回戦>>
大坂なおみ vs D.JAKUPOVIC(SLO)

<<1回戦>>
〇大坂なおみ 61 62 ●K.BOULTER(GBR)
シングルスドローnet版
シングルスドロー
ダブルスドロー

錦織圭、杉田祐一、ダニエル太郎、大坂なおみ、奈良くるみ 7月2日からいよいよウィンブルドンだ!

記事:塚越亘/塚越景子 photo/H.Sato