TEAM YONEZAWA ジュニアキャンプin Verde

2月19日 チームヨネザワキャンプ in クラブベルデ(山梨)
16日から始まった今年1回目のキャンプ、今回は山梨県北杜市須玉のクラブベルデにお邪魔した。クラブベルデは富士山、八ヶ岳、日本アルプス山脈に囲まれた世界でも類を見ない最高の景色のテニスクラブだ。雪が積もった山々は寒さを忘れさせるのに十分な景色だった。

今回も全国からテニス選手を目指す志の高い子供たちが50名集まった。下は小学生2年生、上は高校1年生だ。今までのキャンプの参加者に加えまた新しい出会いが沢山あった。その中には全国上位の清水悠太君、白井淳也君や四国のトップの清水健二郎君なども顔を見せていた。彼らとの出会いは本当に僕にとっての財産だ。

このところの寒波でクレーコートが凍りついて使用不可の状態だったがクラブのインドアと近所の砂入り人工芝とハードコートで急場をしのいだ。キャンプ3日目には6時過ぎから夜の10時まで休みなしで活動だった。午前中のコートが凍りついて溶けだすまでの間の30分ほどの時間で整備されたクレーコートでの練習もさせて頂いた。

今回のキャンプではテニスだけでなく追い込み(走り込み)、フットワーク、風船を使ってのコーディネーション、トレーナーによる栄養、ストレッチ、体のケアそして英語の勉強など盛り沢山なメニューを盛り込んだ。

サーブの基本的な動作、多種なポイントの取り方、多彩なショットと使い方などもいつものように行った。最近エネルギーを注いでいるフォアハンド時の多種の足の使い方の練習も毎日ドリルに盛り込んだ。これはボールへの入り方がワンパターンにならないように今の内に身につけておきたい動きだ。

食事は肉を中心にバイキング方式でお替りをするようにして沢山食べるよう指示しながらだった。普段より沢山食べるようにアドバイスを受けたジュニア達の中には人によってはかなりプッシュしている様子だった。

今回は最終日に“親に向けてのセミナー”を開催した。前半の内容は強くなる選手の特徴、強くなっている選手の親の行動、親の役目“を僕の経験から話をさせて頂いた。そして後半は山本トレーナーの”ジュニア選手の為のやるべきトレーニングと栄養補給“だった。

最後になりましたが気象状況の悪い中のコートの手配、食事の手配、部屋の準備などサポートを頂いたクラブベルデの中山支配人を始めスタッフの方々、学校を休んで今回のキャンプにジュニア達を参加させて下さったご両親の皆様この場をお借りして厚く御礼申し上げます。有難うございました。

そしてジュニア達が十分な練習が出来るように不眠不休で動いたスタッフの皆本当にお疲れ様でした。


コメント

  1. 野井修一 さん : 2012.02.22

    栃木県立黒羽高等学校でテニス部の指導をしている野井修一と申します。いつも楽しく読ませていただき、勉強させてもらっています。フォアハンドの時のフットワークについて、とても興味深い記述がございましたので、よろしければ更に詳しい内容をご教示いただけないでしょうか。突然の厚かましいメールで恐縮いたします。

    返信

  2. 米沢徹 さん : 2012.02.22

    野井修一様
    コメントありがとうございます。
    フォアハンドの時のフットワークはまた後程書いて行きたいと思います。またホームページに記載されています練習会など是非ご覧いただく機会などありましたらと思っています。

    返信

  3. ちょこ さん : 2012.02.24

    はじめまして。
    プリンスのキャンプを探してたどりつきました。

    小5の娘はイグナイトプロ98を使用しています。
    クラブはYONEXが主なので、YONEXの元プロが来ての練習会はありますが、娘はプリンスの練習会やキャンプに参加してみたいと言います。

    ですが、関西ではあまり見かけません。
    プリンスのキャンプはコーチの紹介がないと参加できないのでしょうか?
    どうすれば、参加できるのか、どうやって探すのかを教えていただけないでしょうか?
    宜しくお願いします。

    返信

  4. 米沢徹 さん : 2012.02.24

    海外遠征中の米沢コーチに変わり長嶋よりコメントさせていただきます。プリンス(グローブライド)のスポーツ営業部 電話番号 042-479-7771へお問い合わせしてみては如何でしょうか?毎年8月末に行われています。http://prince.globeride.co.jp/
     

    返信

  5. ちょこ さん : 2012.02.24

    早速の返事、ありがとうございます。
    問い合わせてみます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ|プロアスレチックトレーナー武井敦彦オフィシャルブログ – 情熱のトレーニング –