ポイントゲットの確率の高さは攻める打点、足さばき/キャンプ開催

ジュニアとプロの最も違うところをあげるとエラーの数だ。レベルが上がるとエラーが減ってくるのだがジュニア育成のプログラムにはエラーをしないでラリーを何回出来るかなどの集中力を養うメニューは大切だ。

先週のバルセロナオープンを見て確認した中の一つにネットへ攻め込んだ時のポイントゲットの確率の高さは攻める打点、足さばき(フットワーク)、そしてタイミングが深く関係しているという事だ。比較的同じ足の動きでボールに入る相手に対して圭は多彩なフットワークでボールに入っているところが得点率を上げているのだ。

今回も松本のMスタイルテニスアカデミーにお邪魔した。チームの選手たちそれぞれの成長を見るは本当に楽しい。今回も斎藤コーチをはじめスタッフの方々に大変お世話になりました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

キャンプ開催:
TEAM YONEZAWA テニスキャンプ 「多彩なプレー、試合で必要なポイントパターンを磨け!」
プレーの幅、フットワークの幅、テニス選手の行動を磨くキャンプ!
(プロからジュニアまで対象のチャレンジキャンプ)
第36回 キャンプ開催日程:2015年5月6日~10日4泊5日
練習場所:クラブベルデ
お問い合わせ:yonetennis@gmail.com (米沢徹)

Surface から送信

松本Mスタイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

SHINTARO IMAI OFFICIAL BLOG|SHINTARO IMAI OFFICIAL BLOG