BS朝日 ATP500 メキシコ・オープン解説

メキシコオープン決勝戦はデルポトロの落ち着いたプレーがエネルギーを出して必死に戦ったアンダーソンを抑えて優勝した。
各セットワンブレークづつのどちらに転んでもおかしくない好ゲームだった。
明暗を分けたのは本当に数本極端に言うと1本と言ってもいいぐらいだ。
デルポトロは両手バックハンドを最小限に使いスライスで上手くスローペースの試合を作った。緩急つけたデルポトロのゲームメイキングは強く打つ事に囚われている選手にとっては良い勉強材料だ。

錦織圭の初戦敗退は残念な結果だったが試合勘を取り戻している段階だと思う。序盤からタイミングの合ってない圭に後半疲れが出てしまった。少しづつ調子を上げていってほしいと思う。

今日の決勝戦は今夜深夜1時から放送予定です。
最後になりましたが今年もBS朝日ATP500の解説に起用して頂き誠に有難うございます。今週のメキシコオープンではまた田端アナウンサーをはじめスタッフの方々に大変お世話になりました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。全て必須項目となります。

テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ|テニスコーチ神谷勝則オフィシャルブログ – Show's show time. –